妊娠による腰痛にはウォーキングが効果的!時間と距離の目安とは?

ウォーキングは、ダイエットや腰痛の予防に効果があります。

激しい運動ではないので、妊婦の方にもおすすめでくる運動です。

妊婦の方がウォーキングをすると腰痛予防や体重管理など、様々な良い効果が得られます。

ウォーキングは気軽に始められる運動なので、運動不足の方に最適です。

妊婦の場合は無理な運動は避けた方が良いですが、体調が良いときであればウォーキングをしても構いません。

ただし、自分の体調をしっかりと見極める必要があります。

無理せずウォーキングをすれば、妊婦の腰痛予防にも良い効果が得られるでしょう。

腰痛の他にも妊婦におすすめできる理由がたくさんあるので、参考にしてウォーキングに励んでください。

ウォーキングが妊婦にもたらす効果

ウォーキングは、健康管理などでよく行われている運動です。

主にダイエットや腰痛予防で行っている方も多いでしょう。

ウォーキングが妊婦にもたらす効果として、代表的なのは体重管理です。

妊婦にとっては、体重管理はとても大切です。

つわりが終わって食欲が戻ると、逆に食べ過ぎてしまうことも多いでしょう。

妊娠中は、体重コントロールが非常に大事です。

産婦人科の先生から太り過ぎないよう注意するように言われている方もいるでしょう。

そして、中にはウォーキングを勧められるケースもあります。

それほど、妊婦にとって体重管理は大事で、ウォーキングはおすすめの運動となっています。

ウォーキングは、ランニングほど激しい運動ではありません。

そのため、妊婦にもおすすめができる有酸素運動です。

脂肪燃焼の効果が期待できる有酸素運動なので、体重管理にはもってこいです。

上手にウォーキングを活用して、体重をコントロールしてください。

さらに、ウォーキングをすることで、身体の調子が良くなることがあります。

妊婦の場合は、ウォーキングすることによって妊娠中の腰痛を予防する効果も期待できるでしょう。

腰痛に悩んでいる妊婦の方も多いはずです。

妊婦の場合は家で安静にすることが多いので、運動不足になって腰痛の原因となってしまうことがあります。

もちろん妊婦の場合は、無理をしないことが大切です。

しかし、身体の調子が良いときや安定期に入ってからは運動することも大切でしょう。

妊娠中にウォーキングをすることで、腰痛予防の効果が期待できます。

余裕があるときはウォーキングをして、腰痛の予防に努めましょう。

妊婦のウォーキングの時間と距離

ウォーキングが妊婦にとっても良い運動だということは、わかったと思います。

ところが、実際にどれくらいの時間と距離を歩けば良いか迷ってしまうこともあるでしょう。

妊婦の場合は、無理をしないことが一番大切です。

そのため、どれくらいの時間と距離が適しているか迷ってしまうでしょう。

妊娠中のウォーキングは、20分ぐらいの時間を目安にしてください。

脂肪燃焼の効果が期待できるのは、歩き始めて20分経ってからだと言われています。

そのため、体重管理のためのウォーキングなら20分を目安に歩きたいところです。

ペースはゆっくりで構わないので、1kmぐらいの距離を歩くと良いでしょう。

1kmをもっとゆったりと歩いて、30分で歩いても良いかもしれません。

無理をしないことが大切なので、無理のないペースで歩くようにしましょう。

妊婦のウォーキングで効果を高める方法

妊娠中のウォーキングの効果を高めるなら、歩き方を工夫すると良いでしょう。

妊婦の方の場合は、ウォーキング中の姿勢が前傾姿勢になっていることが多いです。

ウォーキングの効果を高めるためには、正しい姿勢を保つことが大事です。

ウォーキング中の正しい姿勢とは、背筋を真っ直ぐに伸ばした姿勢です。

猫背にならないよう注意して、背筋を伸ばしてください。

さらに、視線を少し遠くにすることによって正しい姿勢を維持することができるでしょう。

脚は、かかとから着地するように意識します。

正しい歩き方をマスターすると、ウォーキングの効果はさらに高まります。

逆にウォーキングの姿勢が悪いと、腰痛の原因になってしまうことがあるでしょう。

腰痛の予防のためにウォーキングをしたのに、それが原因で腰を痛めてしまっては意味がありません。

正しい歩き方を意識しながら、ウォーキングをするようにしましょう。

スポンサーリンク

妊婦のウォーキングで心掛けること


出典;妊娠中の運動不足解消へ!妊婦さん流のウォーキング4つのコツ

妊娠中のウォーキングでは、気を付けたいことも多いです。

まず、ウォーキングをするときは、必ずすぐに連絡が取れる体制を整えておきましょう。

携帯電話は持ち歩いて、ウォーキングをした方が賢明です。

いつ体調が急変しても良いように、対策をしてからウォーキングをするようにしましょう。

そのため、人の多い場所や自宅周辺を歩くことも大事です。

運動不足を改善し、妊婦に良い効果をもたらすウォーキングですが、無理は禁物です。

必ず自分の体調を見極め、急な体調変化も頭に入れておきましょう。

また、妊娠初期は安定していないので、あまりウォーキングはおすすめしません。

一般的には、妊娠12週を過ぎてからのウォーキングが良いでしょう。

さらに、ウォーキング初日は張り切り過ぎないことも大切です。

いきなり無理をすると、お腹の中の赤ちゃんもびっくりしてしまいます。

ウォーキングを始めたら、初日は軽い運動にし、徐々に距離を延ばしていくようにしましょう。

ウォーキングは毎日コツコツ頑張ることが大切です。

継続が大事なので、無理をしてくじけないように頑張ってください。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、妊婦の方でもできる有酸素運動です。

体重管理や腰痛予防にも効果が期待できるでしょう。

妊婦の方は、腰痛で困っている方も多いはずです。

運動不足も腰痛の原因の一つなので、ウォーキングで腰痛が予防できるでしょう。

ただし、ウォーキングは妊娠12週を過ぎてから行うようにしてください。

12週を過ぎてからも自分の体調を見極めながら行うようにしましょう。

時間は20分を目安にして、1km程度を歩くようにします。

体調が急変したときのことを考慮し、いつでも連絡が取れるようしておきましょう。

ウォーキングは上手く活用すれば、妊婦の方に良い効果をもたらします。

ウォーキングを頑張って、健康な赤ちゃんを産んでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする