ウォーキング後に腰痛になる原因と予防法!これで辛い腰痛を撃退!

ウォーキングは、ダイエットや腰痛予防におすすめの運動です。

靴があれば気軽に始められるので、多くの方におすすめできるでしょう。

ウォーキングは腰痛予防に効果がありますが、腰痛の原因になってしまうことがあります。

腰痛予防のためにウォーキングを始めて、腰痛が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

ウォーキングを行うときは、腰痛の原因にならないように予防する必要があるでしょう。

今回は、ウォーキング後に腰痛になってしまう原因や予防法について紹介します。

健康のためにウォーキングをしているのに、身体を痛めてしまっては元も子もありません。

今回紹介する予防法を参考にして、毎日のウォーキングに励んでください。

ウォーキング後の腰痛の原因

ウォーキングは、ダイエットにも腰痛予防にも効果的な運動です。

しかし、ウォーキングの仕方を間違えると、腰を痛めてしまうことがあるでしょう。

ウォーキング後の腰痛の原因となっているのは、ウォーキングで腰に負担がかかっているからです。

ウォーキングは地味な運動に見えますが、全身を使っている運動です。

腹筋や背筋を使うことで、腰にも負担がかかっているでしょう。

ウォーキングは正しく行わないと、腰痛の原因になってしまうのです。

ウォーキング後に腰痛となる方は、歩く姿勢が悪いことが考えられます。

歩く姿勢が悪いと、余計に腰への負担が大きくなるでしょう。

ウォーキングが腰痛予防にも効果があると言われているのは、運動不足を解消することで腰痛予防に効果があると言われているからです。

運動不足により、腹筋や背筋が衰えると腰痛の原因になるでしょう。

ウォーキングをすることによって、腹筋や背筋をバランス良く鍛えて、腰痛の予防をすることができます。

ところが、歩く姿勢が悪かったり、オーバーワークをしたりすると腰への負担が大きくなって痛めてしまうでしょう。

ウォーキングは運動不足の方でも気軽にできる運動ですが、注意が必要です。

無理のない範囲でウォーキングをする必要があるでしょう。

ウォーキングは全身を使った運動なので、腰への負担がかかっているのを忘れないようにしてください。

ウォーキングでの腰痛の予防法

ウォーキングで腰を痛めてしまうのは、歩き方が悪いことが考えられます。

歩く姿勢が悪いと、腰への負担が大きくなってしまうからです。

ウォーキングで腰を痛めないためには、正しいウォーキング姿勢を保つようにしてください。

正しい姿勢は、背中を真っ直ぐにした姿勢です。

ウォーキングでは、猫背になってしまっている方をよく見かけます。

猫背だと歩くときの重心も悪くなって、腰への負担が大きくなります。

腰を痛めないためにも、背中を真っ直ぐにすることを心がけてください。

さらに、ウォーキング後の腰痛を予防したいなら、オーバーワークにも気を付けましょう。

ウォーキングで腰を痛めてしまう方で最も多いのが、張り切り過ぎてしまうことです。

ダイエットのためのウォーキングで気合を入れて歩きすぎると、腰を痛めてしまう原因となるでしょう。

腰が痛む場合は、素直に休息を挟むようにします。

無理をしすぎると、腰痛が治りにくくなってしまいます。

ウォーキングでも腰へ負担がかかっているので、適度に休憩を入れながらウォーキングしましょう。

ときには、ウォーキングをしない日を作るのも大切です。

適度に休息日を入れる方が、ウォーキングの効率も良くなるでしょう。

ウォーキングでは全身を使った運動なので、休憩も必要です。

ウォーキングで腰を痛めないために、歩く姿勢やオーバーワークに気を付けましょう。

ストレッチで筋肉を柔らかくしよう


出典;ツライ腰痛を今すぐ解消!寝ながらできる簡単ストレッチで腰痛とサヨナラしよう♪

ウォーキングで腰が痛くなってしまうのは、筋肉が硬くなってしまうことも原因の一つです。

特に、運動不足の方は、筋肉が硬くなっていることが多いでしょう。

その場合は、ストレッチで筋肉を柔らかくすることも効果的です。

ウォーキングでの腰痛予防には、腰だけでなく全身をストレッチするのも有効です。

ふくらはぎやふとももの筋肉も、腰へと影響を与えていることが多いです。

腰だけでなく、下半身なども入念にストレッチしてください。

ただし、ストレッチも筋肉へ負担をかけている状態です。

過度なストレッチは、逆効果となってしまうので注意しましょう。

ストレッチはお風呂上りにやると、さらに効果が高まります。

継続が大事なので、毎日ストレッチを続けるようにしてください。

スポンサーリンク

腰痛が改善しない場合は医師へ相談


出典;ウォーキングは正しいフォームで効果UP!歩き方の基本とは

ウォーキング後の腰痛は、筋肉への負担がかかってしまうことが原因となっています。

ストレッチや休息によって、痛みがなくなる場合も多いでしょう。

しかし、稀に腰痛が改善されないケースもあります。

自己判断は危険なので、痛みが改善されない場合は医師へ相談しましょう。

ウォーキング後の腰痛も、馬鹿にはできません。

腰痛が酷いと、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

単純に歩き過ぎが原因だと判断せずに、医師へ診てもらうことも大切です。

歩き過ぎからくる腰痛を予防するためにも、医師への相談を検討してください。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、ダイエットや腰痛予防に効果があるおすすめの運動です。

ダイエットのために、ウォーキングを頑張っている方も多いでしょう。

ウォーキングを続けていると、腰が痛くなってしまうことがあります。

ウォーキング後の腰痛に悩まされている方も多いでしょう。

ウォーキング後の腰痛の原因は、腰へ負担がかかっていることです。

腰を痛めないためには、正しい姿勢で歩くようにしてください。

正しい姿勢とは、背中を真っ直ぐに伸ばした姿勢です。

ウォーキング中に猫背にならないように、注意しましょう。

また、ウォーキングで腰痛にならないためには、休息も大切です。

休むことが、腰痛改善に繋がるでしょう。

オーバーワークは、腰痛の原因になってしまうことがあります。

休息を入れながら、ウォーキングをしましょう。

また、ウォーキングの前後で、ストレッチをすることも大切です。

腰痛の原因は、身体のケア不足であることも考えられます。

お風呂上りにストレッチをするなど、筋肉を柔らかくしておきましょう。

痛みが改善しない場合は、医師への相談も大切です。

自己判断せずに、医師に診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする