顔がむくむ原因とは?ウォーキングで顔のむくみがとれる3つの理由!

皆さんは顔のむくみに悩まされたことはありますか?

朝起きた際に顔がむくんでおり、憂鬱な気分になってしまい、職場や学校に行きたくなくなるといった経験をされたという方もいらっしゃるかもしれません。

また、顔のむくみが出来てしまうと、太ったような印象になってしまい、ダイエットに勤しんでいる方にとっては、大きな悩みの種になってしまうものです。

そこで今回は、顔のむくみになる原因を探るとともに、ウォーキングによって顔のむくみが取れるかどうかについてご紹介していきます。

顔がむくむ4つの原因とは?

そもそもむくみとは、リンパの流れが悪くなったり、血行不良になることで余分な水分や老廃物が皮下組織に溜まってしまうことで発生してしまいます。

それでは、顔がむくんでしまうタイプをいくつか紹介いたします。

水分・塩分・アルコールの過剰接種

まず、水分・塩分・アルコールを過剰に摂取する方です。

水分や塩分を摂りすぎると、血管内の水分が増えてしまい、血管の外に水分が漏れやすくなります。

また、アルコールを摂取すると血管の透過性が高まってしまい、水分を血管外に通しやすくなってしまいます。

さらに、塩分を摂ると喉が渇きやすくなったり、アルコールを摂取すると利尿作用が働いてしまいます。

水分をより欲しやすくなり血管内の水分が増えてしまうという弊害があります。

運動不足やストレス

次に、運動不足で筋肉量が少なくなっている方や精神的にストレスが溜まっている方です。

血液は、筋肉が収縮しポンプの役割を果たすことで、全身にスムーズに流れています。

しかし、筋肉量が少ないと、血液の流れが悪くなり、結果として水分や老廃物が血液によって運ばれにくくなり、むくみの原因につながってしまいます。

また、精神的にストレスを溜めてしまうと自律神経が乱れてしまい、筋肉量が少ない人同様、血流が悪くなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

次に、ホルモンバランスの乱れに悩まされている方です。

男性に比べると女性のほうがホルモンバランスを崩しやすくなり、ホルモンバランスが崩れやすくなるタイミングは、月経前後・妊娠中・更年期などです。

ホルモンバランスの乱れは、精神的ストレス同様自律神経の乱れにつながってしまい、血流が滞ってしまう原因となります。

睡眠の取りすぎや睡眠不足

最後に、睡眠を取りすぎている方及び睡眠不足の方です。

起きている間と違い、寝ているときは顔に水分がたまりやすくなるため、睡眠時間が長ければ長いほどむくみになりやすくなります。

しかし、睡眠を取らないのもむくみにつながってしまいます。

なぜなら、睡眠時における老廃物の排出の働きや酸素不足に陥らずに体外に水分を排出させる働きを促すことが出来ないためです。

何事も適度が大事ということですね…

万が一、上記で挙げた理由に当てはまる方がいらっしゃったら、いち早く改善するように心がけましょう!

ウォーキングで顔のむくみがとれる3つの理由

上記では、顔にむくみが出来る様々な理由をお伝えしましたが、有酸素運動であるウォーキングを行うことにより、顔のむくみを解消することが出来ます。

顔のむくみに効果的な理由をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

リラックス効果がある

まず、ウォーキングにはリラックス効果があるためです。

ウォーキングには、ストレスを解消して精神的にリラックスする効果があるとされています。

歩くことによって、副交感神経が優位となるため、交感神経が優位となり緊張状態に陥る時と違い、リラックスした気分につながるためです。

また、コルチゾールというストレスホルモンの分泌を抑え、セロトニンやドーパミンといった幸福物質の分泌を促すことで前向きな気持ちになることも出来ます。

精神的にリラックスして、自律神経を整えることによって、血流の改善につながるため余分な水分や老廃物を溜めづらい体となります。

リラックスできて、むくみを取れるなんて一石二鳥ですね!

筋肉量を増やすことが出来る

次に、ウォーキングを行うことにより、筋肉量を増やすことが出来るためです。

ウォーキングは全身運動であるため、体全体の筋肉を鍛えることが出来ます。

前述したように、筋肉は血液のポンプのような役割を果たしているため、筋肉量が増えることは血液の循環が良くなるということを意味します。

また、「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎを鍛えることが出来るため、全身に血液がより行き届きやすくなることも、顔のむくみを解消する理由の1つです。

スタイルが良くなるばかりでなく、血液のめぐりが良くなると冷え性にも効果的なので、いいことづくめですね!

ちなみに、筋肉量が増えることにより、基礎代謝量も上がるため、血流促進に良いだけでなく、痩せやすい体づくりにもつながるため、特に女性にはウォーキングをおすすめします!

安眠につながる

最後に、ウォーキングを行うことによって、安眠を促し、睡眠不足を防ぐことが出来るためです。

前述したようにウォーキングには自律神経を整える効果があるのですが、リラックスした状態だと睡眠に良い効果をもたらします。

理由としては、自律神経が整った状態であると、眠りにつきやすくなるためです。

不眠に悩んでいる方でも睡眠不足を解消することが出来ます。

しかし、前述したように睡眠を取りすぎることもむくみの原因になってしまうため、適度な睡眠を心掛けるようにしましょう…

顔のむくみ予防をより効果的にするためには、ウォーキング前に軽く筋トレを行ったり、ウォーキング後にストレッチを行ったりすることが効果的です。

スポンサーリンク

まとめ

むくみの原因は、リンパや血流の流れが滞り、余分な老廃物や水分が皮下組織に溜まってしまうためです。

顔がむくみやすいタイプは、

・水分、塩分、アルコールを過剰摂取している方

・運動不足で筋力が衰えている方や精神的にストレスを溜めている方

・ホルモンバランスが乱れている方

・睡眠不足及び睡眠を取りすぎている方

などです。

ウォーキングが顔のむくみ解消に効果的な理由として、

・リラックス効果があり、自律神経の乱れを解消できるため

・全身運動になるため、体全体の筋肉を鍛えることになるため

・自律神経が整うことで、安眠を促し、睡眠不足を解消することが出来るため

といったものが挙げられます。

ウォーキングには、お金もかけず初心者にも継続しやすい有酸素運動となっているため、むくみ解消のためにぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする