ウォーキングで手足のむくみが出る原因と解消法を紹介!

ウォーキングをしていると手足がむくんでしまうのはなぜなのでしょうか?

せっかくウォーキングしているのに、痩せるどころかどんどんむくんで重くなってしまう。

こんな状態が続くとせっかく始めたウォーキングもやる気が無くなってしまいますよね。

一体原因は何なのでしょうか?

そして解決する方法はあるのでしょうか?

今回はそんなウォーキングで発生するむくみの原因、解消法を紹介していきたいと思います!

ウォーキングで手足のむくみが出るのはなぜ?

何となくウォーキングすると、血液の流れが良くなってむくみが逆に取れそうに思いませんか?

それなのに実際ウォーキングをしてみると、ひどいむくみが発生してしまう・・。

でもどうして運動をして血流をよくしているはずなのに手足がむくんでしまうのでしょうか?

実はそれには理由があったんです!

結論から言うと、この現象が起きてしまう人は普段運動をそんなにしていない人なんです。

その理由は普段運動していない人は筋肉が発達していません。

筋肉量が少ないという事が実はこのむくみを引き起こしていたんです。

まず普段から運動していない人は、普段から運動している人に比べむくみやすい傾向があります。

その理由は立った時に私たちの手足は心臓より下にありますが、血液がまた手足から戻ってくるときは重力に逆らうことになります。

この時しっかり血液を心臓に持っていけると、むくみは発生しないのですが、筋肉がないと上手く血液が心臓に帰らずむくみを発生してしまうからなんです。

筋肉がないとただ立っているだけでも血が帰りづらくなってしまうんですね。

なぜ運動不足の人が急に運動を始めるとむくみやすくなるのでしょうか。

それは筋肉を鍛えていないことで運動したときに発生する物質を体にため込んでしまうからなんです。

どういうことかと言うと、普段使っていない筋肉を急に使うと筋肉に乳酸という物質が沢山体に溜まってしまいます。

そしてその乳酸が増えてしまうと体から老廃物が抜けなくなってしまいます。

老廃物が溜まると今度は筋肉が硬くなってしまい、結果的に血液の流れが悪くなってしまうんです。

さらに乳酸が大量に発生すると、この乳酸を早くどうにかしようとその部分に体が水分を送ろうとします。

沢山の水分がその場所にたまるので、結果むくみが発生してしまうんです。

ですのでウォーキングをした後に手足がむくんでしまっているのは、普段使っていない筋肉を使ったからということですね。

まとめるとこんな感じです。

乳酸が溜まる

老廃物が溜まる

筋肉が硬くなる

血液の流れが悪くなる

むくみ発生

というメカニズムだったんですね。

なのでむくみが発生していたという事が分かりました。

ではそのむくみはどうやって解消すればいいのでしょうか?

次ではその方法について紹介したいと思います。

運動が原因の手足のむくみ解消法を紹介!

筋力不足が原因でむくみが発生していることが分かりましたが、せっかく始めたウォーキング。

どうにかしてむくみを取りたいものですよね。

そんなウォーキングで普段からできるむくみ対策、歩いた後のむくみ対策はこちらです。

普段からできるむくみ解消法

普段からできるむくみ解消法はこちらです。

・ウォーキングなどの運動をする

・偏った食事をしない

・塩分を控える

ウォーキングなどの運動をする

運動で出来てしまうむくみの解消法は、ウォーキングをしつづ続ける事なんです。

むくんでしまうのは筋肉が鍛えられてないからなので、しっかり筋肉をつけることが出来ればむくみは解消されます。

最初はむくみを感じても、ウォーキングを続けることが一番の解消法になります。

さらにウォーキングを続けることで乳酸が溜まるのを抑える事ができるようになります。

なので老廃物が溜まりにくくなり、その結果むくみが取れやすくなるんです。

スポンサーリンク

偏った食事をしない

特に女性は過激なダイエットで、偏った食事をしがちです。

偏った食事を続けていると貧血になります。

貧血になってしまうと体温低下を招き、体の体温が低くなるとさらにむくみができやすくなります。

特に女性は貧血になりやすいので注意が必要なんです。

塩分を控える

体内に塩分が多くなると、塩分濃度を薄めようと体は水をよくため込むようになります。

水を体にため込むとむくみの原因になってしまうので、摂り過ぎには注意が必要です。

歩いた後にできるむくみ解消法

歩いた後にできるむくみ解消法はこちらです。

・水分を沢山取って、排出する

・お湯につかる

・ストレッチ&マッサージ

水分を沢山取って、排出する

むくんでしまうと水分はついつい摂取量が少なくなりがちですが、実はそれは逆に体の水分が減ってしまって、ため込んでしまうのでむくみを引き起こしてしまうんです。

むくみが起きた場合はとにかく沢山水分補給し、沢山出す。

そうすることで老廃物が体から出され血液の循環が良くなります。

お湯につかる

お湯につかると体がリラックスし、温まるので血管が広がります。

すると血液が足元から心臓に戻りやすくなります。

さらにお風呂は大量に汗をかくので、老廃物を体外に出すことができます。

エクササイズ&マッサージ

エクササイズで血液の滞りをなくしましょう。

座った状態で脚だけをグルグル回してみたり、足の指を開いたり閉じたりするのも効果的です。

足首をグルグル回すのもおすすめです。

マッサージも効果があります。

運動後は筋肉が固まり、縮まってしまうのでしっかり伸ばすことで筋肉の凝りを治すことができます。

スポンサーリンク

まとめ

・普段運動をしていないとむくみやすい

手足がむくんでしまうしくみ

乳酸が溜まる

老廃物が溜まる

筋肉が硬くなる

血液の流れが悪くなる

むくみ発生

普段からできるむくみ解消法

・ウォーキングなどの運動をする

・偏った食事をしない

・塩分を控える

ウォーキング後に出来るむくみ解消法

・水分を沢山取って、排出する

・お湯につかる

・ストレッチ&マッサージ

せっかく始めたウォーキングでむくんでしまうと、もうやめたくなってしまいますよね。

でも実はむくみの原因は筋力不足だという事が判明しました。

もしウォーキングを続けてもむくみが続く場合は違う事が原因ということもあるので、その場合は近くの病院に行ってみてください。

ぜひ歩き終わった後にもできるむくみ解消法も実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする