ウォーキングで腰痛予防が出来る!効果的な時間や期間の目安は?

ウォーキングは、健康に欠かせない運動の一つです。

ダイエット効果だけでなく、腰痛予防の効果も期待できるでしょう。

ウォーキングは、靴さえあれば誰でもできる気軽な運動です。

ランニングほど気合を入れなくても良いので、運動不足の方にもおすすめできるでしょう。

実際にウォーキングを始めようと思っても、どのようにすればよいかわからないことも多いです。

特に腰痛予防のためのウォーキングは、腰痛改善の知識を頭に入れておいた方が良いでしょう。

今回は、ウォーキングで腰痛を予防する方法について紹介します。

腰痛予防に効果があるウォーキングの時間の目安も紹介するので、参考にしてウォーキングに励んでください。

ウォーキングが腰痛予防に効果がある理由


出典;ウォーキング後の腰痛って何が原因?対策は何かある?

ウォーキングは、ダイエットなどでよく行われる運動です。

ダイエット目的でウォーキングを行っている方が多いでしょう。

ところが、ウォーキングはダイエットだけでなく、腰痛の予防にも効果があります。

なぜウォーキングが腰痛予防に効果があるか、気になっている方も多いでしょう。

ウォーキングは地味な運動に見えて、実は全身の筋肉を使っている運動です。

脚の筋肉だけでなく、腹筋や背筋まで使っているのです。

それが、ウォーキングで腰痛予防ができる大きな要因となっているでしょう。

腰痛の原因は様々ですが、最も多いのが運動不足や加齢により筋肉が衰えることです。

腹筋や背筋などの筋肉が衰えると、脊柱を支えられなくなります。

姿勢が悪いと筋肉が硬くなってしまい、可動域が狭くなって腰を動かすと痛みを生じてしまうでしょう。

腰痛の予防には、腹筋や背筋などの筋肉が非常に重要です。

ウォーキングでは、全身の筋肉を鍛えることができるので腰痛予防の効果が期待できるでしょう。

ウォーキングを続けることによって筋肉が鍛えられるだけでなく、硬くなった筋肉が柔らかくなります。

運動不足は腰痛の原因になるので、腰痛予防のためにウォーキングを行いましょう。

腰痛予防に効くウォーキングの時間の目安


出典;ウォーキングしながら体幹トレーニングをして腰痛を克服しよう!

腰痛予防のためのウォーキングで目安にしたい時間は、20分です。

特に運動不足で歩き始めたばかりの方は、この数字を目安にしてください。

ウォーキングは腰痛予防に効果がありますが、オーバーワークは逆効果となっていまいます。

ウォーキングでは、最初から無理しすぎないように注意しましょう。

1回20分のウォーキングに慣れてきたら、徐々に時間を延ばすようにします。

最終的には、30~40分のウォーキングを目標にしましょう。

腰痛予防のウォーキングでは、焦らないことが最も重要です。

焦って無理な姿勢でウォーキングすると、腰を痛めてしまう原因になってしまいます。

ウォーキングでは、正しい姿勢を維持することが大切です。

そのためには、無理のない範囲でのウォーキングが重要になるでしょう。

歩く頻度も、最初から無理をする必要はありません。

最初は、週に2~3回のウォーキングを目標にしてください。

ウォーキングに慣れてきたら、徐々に回数を増やすようにしましょう。

腰痛予防のウォーキングでは、歩くことを習慣化させることが大切です。

最初から張り切りすぎて、三日坊主にならないように注意しましょう。

3か月以上の期間は継続しよう


出典;今すぐ始める水中ウォーキングで腰痛改善する5つの歩き方!

ウォーキングは、腰痛予防に効果がある運動です。

しかし、すぐにその効果が出るわけではありません。

ウォーキングで腰痛予防の効果が出始めるのは、歩き始めて3か月以上経ってからだと言われています。

そのため、3か月以上の継続が大事になってくるでしょう。

効果がないからと言って、3か月以内に止めてしまっては意味がありません。

効果が出なくても、根気強くウォーキングをすることが重要でしょう。

効果が出ないとモチベーションを維持することも難しいです。

モチベーションを維持するための工夫をするのも大切です。

ウォーキング中に音楽を聴くなど、ウォーキングを楽しむとモチベーションが維持しやすいでしょう。

モチベーションを維持するためには、ウォーキングを楽しんでください。

腰痛予防の効果を期待して、3か月以上のウォーキングを頑張りましょう。

スポンサーリンク

腰痛予防の効果を高める歩き方


出典;【腰痛解消】 ウォーキングが効果的!! やり方は? ※NHKためしてガッテン

腰痛予防の効果を高めるためには、ウォーキング中の姿勢に気を付けてください。

ウォーキング中の姿勢は、背中を真っ直ぐ伸ばすようにしましょう。

背中が丸くなって猫背になってしまうと、逆効果になってしまうことがあります。

背筋を真っ直ぐに延ばして、視線を足元よりも少し前の方に向けるようにしましょう。

さらに、腹筋や背筋を意識することで腰痛予防の効果を高めることができます。

腹筋や背筋は、腰痛予防に重要な筋肉です。

ウォーキング中は何も考えずに歩くのではなく、腹筋や背筋に力を入れながら歩いてみてください。

力を入れることによって、効率よく筋肉を鍛えることができます。

腹筋や背筋が強化されて、腰痛予防の効果が高まるでしょう。

ウォーキングは、腰痛の予防に効果がある運動です。

腹筋や背筋を意識しながら、ウォーキングしてください。

さらに、歩くペースも少し速めにする方が効果が高まります。

無理のないペースで歩くのも大切ですが、余裕がある場合は少しペースを速めてみましょう。

ダイエットの効果も高まるので、腰痛の予防と一緒に良い効果が期待できます。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングはダイエットに有効な有酸素運動ですが、腰痛の予防にも効果があります。

腰痛の原因となるのは、運動不足からくる腹筋や背筋の衰えであることが多いでしょう。

ウォーキングは脚の筋肉だけでなく、全身が鍛えられる運動です。

腹筋や背筋も鍛えられるので、腰痛の予防に繋がるでしょう。

腰痛予防のウォーキングは、最初は1回20分ほどの時間を目安に行ってください。

慣れてきたら、30~40分のウォーキングを目標にしましょう。

腰痛予防の効果を高めるなら、腹筋や背筋に力を入れてウォーキングしてください。

さらに、少し速いペースを意識すると効果が高まるでしょう。

腰痛予防のウォーキングでは、オーバーワークは禁物です。

腰を痛めてしまう原因にもなりかねないので、焦らずじっくりとウォーキングをしましょう。

ウォーキングを継続して、腰痛予防に役立ててください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする