ウォーキングによる4つの健康効果を紹介!効果が出やすい歩数の目安とは?

ウォーキングは靴さえあれば、気軽に始められる運動です。

ランニングのような激しい運動ではないので、運動不足の方にもおすすめでしょう。

ウォーキングなら体力が無い方でも、問題なくこなせる運動です。

ウォーキングは、何となく健康に良さそうだと感じている方も多いと思います。

それでは、具体的にどのような良い影響をもたらしてくれるのでしょうか?

今回は、気になるウォーキングの効果について説明します。

ウォーキングを始めようと思っても、その効果や歩数の目安がわからないと悩んでいる方も多いでしょう。

そのような方のためにウォーキングの効果や歩数の目安を説明しますので、参考にしてウォーキングに励みましょう。

ウォーキングが健康にもたらす4つの効果

ウォーキングは、健康にとても効果のある運動です。

ウォーキングは様々な効果をもたらしてくれるので、健康的な身体を手に入れることができます。

それでは、具体的にウォーキングがどれくらい健康に良いのかについて紹介します。

腰の痛みを改善

ウォーキングをすることで、腰痛の予防や改善の効果が期待できます。

腰痛は、非常に辛い症状です。

日常生活に支障をきたすこともあるので、悩んでいる方も多いでしょう。

腰痛の原因には、運動不足が挙げられます。

運動不足の方は腹筋や背筋の筋肉が衰えて、硬くなっている場合があります。

その場合は可動域も狭くなって、腰を動かすと痛みが発生してしまうでしょう。

そこで、ウォーキングをして身体を鍛えることで、腰痛を改善することができます。

簡単そうに見えるウォーキングですが、実はウォーキングは身体全体をしっかりと使っている運動です。

ふとももやふくらはぎなどの下半身だけでなく、腹筋や背筋も鍛えられるでしょう。

腹筋や背筋は、腰痛と深く関わりのある筋肉です。

腹筋や背筋をウォーキングで鍛えることで、腰痛の予防や改善が期待できるでしょう。

便秘解消に効果あり!

ウォーキングは、誰でも気軽にできる運動です。

そのため、運動不足で便秘気味の方にも効果を発揮するでしょう。

ウォーキングをすることによって体内のめぐりが良くなるので、便秘解消に効果があると言われています。

女性の場合は、便秘に悩んでいる方も多いでしょう。

ウォーキングは、腹筋を使っている運動でもあります。

腹筋が刺激されて、便通が良くなるでしょう。

寿命が延びるという研究結果もあり

ウォーキングのような運動は、寿命を延ばすという気になる研究結果もあります。

座ったまま過ごす時間を減らして、ウォーキングなどの運動を行うと死亡リスクを大きく低下できることが、米国の大規模研究で明らかになりました。

研究チームは「米国健康栄養調査」で、運動をすることで心筋梗塞や脳卒中などの発症が減り、死亡リスクが低下するという研究結果を発表しています。

運動は健康に良いというイメージを持っている方は多いでしょう。

実際に健康に良いという研究結果が出ていることから、ウォーキングが健康にもたらす効果が高いのがわかります。

欧州心臓学会の年次学術集会では、ウォーキングなどの適度な運動を毎日行うことで、寿命を3~7年延ばすことができるという研究結果も発表されています。

寿命が延びるウォーキングは、多くの方におすすめしたい運動でしょう。

美容にも効果がある!

ウォーキングは、美容にも効果があることで注目されています。

ウォーキングでは、汗をしっかりとかくことができます。

そのため、汗と一緒に身体に溜まった老廃物を外へ出すことができるでしょう。

血行も良くなって、綺麗な肌を保つことができます。

また、リンパの流れも改善されるので、むくみにも効果があります。

むくみが気になっている方にも、ウォーキングはおすすめでしょう。

スポンサーリンク

ウォーキングで効果のある歩数の目安

ウォーキングは、様々な効果が期待できる運動です。

靴さえあれば気軽に行えるので、継続しやすい運動でしょう。

ウォーキングでは、どのくらい歩くのが良いのか迷う方も多いと思います。

どれくらいの歩数を目安に歩くべきなのか、悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで、ウォーキングで健康な身体を手に入れるために目安にしたい歩数を紹介します。

まず、ウォーキングの歩数でよく目にするのが、一日一万歩という数字です。

この一日一万歩は、とてもキリが良い数字なのでよく使われています。

しかし、この一日一万歩というのは歩いてみると非常にキツイことがわかります。

一万歩を歩くためには、1時間以上のウォーキングが必要でしょう。

1時間継続して歩くことは、簡単ではありません。

一日一万歩を歩くということは、現実的な数字ではないでしょう。

そこで、ウォーキングの目安としたい歩数は、おおよそ3000~5000歩程度です。

時間にすると約20~30分ほどになるでしょう。

ウォーキングでは、歩く距離や時間が長いほど効果があるのは確かです。

ところが、ウォーキングは膝や腰などへも負担がかかっている運動です。

歩きすぎは、怪我の原因になってしまうでしょう。

一日30分のウォーキングでも、十分に健康への効果は期待できます。

最初は3000歩程度を目指して、徐々に距離を延ばし5000歩を目標とすると良いでしょう。

ウォーキングは、ダイエット効果や健康への効果が期待できる運動です。

長く継続するためにも、少ない歩数から始めると良いでしょう。

今回紹介した歩数を目安にして、自分なりに工夫してウォーキングしてください。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、健康に効果のある運動です。

便秘解消や美容効果も期待できる運動なので、女性の方にもおすすめでしょう。

ウォーキングは靴さえあれば、気軽に行うことができます。

ウォーキングを継続して行えば、健康的な身体を手に入れることができるでしょう。

ウォーキングで目標にしたい歩数の目安は、3000~5000歩程度です。

一日一万歩という言葉を耳にしたことがある方もいると思いますが、これはかなり厳しい数字です。

ウォーキングは全身を使った運動なので、膝や腰などに負担がかかっています。

無理なウォーキングは、怪我の原因になってしまうでしょう。

ウォーキングを楽しむためにも、無理のない範囲で歩くようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする