ロングブレスウォーキングの9つの効果とは?効果的なやり方を紹介!

一時期ロングブレスダイエットが凄く流行った時期がありましたね。

テレビでも連日その凄さが放送されていたのを覚えています。

そんなロングブレスですが、なんとウォーキングでも効果抜群なんです。

その名も「ロングブレスウォーキング」です。

このロングブレスウォーキングにはどのような効果が期待できるのでしょうか?

そしてどうやってすると一番効果的なのでしょうか?

今回はそれらを紹介していきたいと思います!

ロングブレスウォーキングで得られる嬉しい効果9つ!

ロングブレスウォーキングは、息を吐いたり吸ったりするので上半身だけが鍛えられそうなイメージですよね。

でも実はそれだけじゃなくて、本当は沢山の効果があったんです。

実際にロングブレスウォーキングにはこんな嬉しい効果があると言われています!

・痩せやすくなる

・くびれが作れる

・便秘解消

・腰痛改善

・ヒップアップ

・バストの大きさを変えずに痩せる事ができる

・冷え性の改善

・太ももが引き締まる

・自律神経が整う

これだけの効果があるなんて凄いです!

上半身だけかと思いましたが、下半身もしっかり鍛える事ができるんです。

これは絶対やってみたくなりますよね!

今から1つずつ効果について紹介していきたいと思います。

痩せやすくなる

なぜ痩せやすくなるかと言うと、それはロングブレスウォーキングは特にお腹周りの筋肉を中心に体全体を鍛える事ができるからです。

筋肉は動くと熱くなるので、筋肉量が増えると少し動いただけでも熱量が多くなるということになるんです。

ということは少し動くだけで消費カロリーが変わってくるということですよね。

体の体温が上がると消費カロリーも多くなるので、筋肉が多くついている人の方が少し動いただけで、エネルギーの消費量が筋肉が無い人に比べて多くなるということなんです。

なので結果的に痩せやすくなるということですね!

くびれが作れる

ロングブレスウォーキングでは特にお腹周りが効率よく鍛えられます。

実はくびれを作るには腹筋をしたときに出来る筋肉を鍛えることが一番の近道と言われています。

この腹筋を鍛えるのにもってこいなのが、ロングブレスウォーキングなんです。

これは腰回り、特に腹筋が鍛えられるので綺麗なくびれができるようになります。

便秘解消

息をコントロールすることと便秘解消。

一見これらは何の関係もないように思いますよね。

でも実は大ありなんです!

ウォーキングは体を動かすので、その衝撃で腸が刺激され便秘解消になります。

さらに排便の時には腹圧を上げる必要があるのですが、それには腹筋が必要不可欠です。

ロングブレスウォーキングでは腹筋が鍛えられるので排便の時に腹圧を上げることができ、腸に刺激を送ることができます。

逆に腹筋がないと腹圧が上がらないので、腸に刺激が起きないので便が出にくくなってしまうんです。

腰痛改善

腰回りの筋肉が鍛えられるので腰痛になりにくくなります。

まずロングブレスウォーキングをすることで痩せることが期待できます。

痩せると腰が支える体重が減るので、その分負担が減ることが挙げられます。

そしてもう1つは腰回りの筋肉が鍛えられることによって、腰に負担がかかりにくくなることです。

腰に負担がかからなくなるので腰痛改善が期待できます。

ヒップアップ

ロングブレスウォーキングでは息を吐く時にお尻に力が入ります。

ヒップアップをするにはお尻に力が入ることで、綺麗なヒップを作ることができるんです。

バストの大きさを変えずに痩せる事ができる

女性には嬉しい効果ですよね。

この理由は筋肉量を増やして代謝を上げて痩せているので、胸から脂肪が落ちにくいんです。

さらにウォーキングなので動きも激しくありません。

走ったりする必要がないので、バストをキープしたまま痩せることができます。

スポンサーリンク

冷え性の改善・予防

筋肉量が多いと熱が発生しやすくなります。

熱が発生しやすくなると自分ですぐに熱を作ることができるので、体を暖かくすることが出来ます。

結果冷えを改善できるんですね。

筋肉がないと自分で熱を作れないので、冷え性になりやすくなります。

ですので筋肉を作っておくことが予防にもつながるということなんです。

太ももが引き締まる

ロングブレスウォーキングではお腹、腰回りに力を入れながら歩くので太ももにも効果抜群です。

自律神経が整う

ロングブレスウォーキングでは自律神経を整えることもできます。

その理由は深い呼吸をするからです。

最近は健康な人でも呼吸が浅くなってしまう傾向があり、呼吸が浅いとストレスを感じやすくなりリラックスできなくなってしまうんです。

逆に深い呼吸は自律神経を整え心身をリラックスさせてくれます。

さらに深い呼吸をすることがストレス軽減にもなります。

ロングブレスウォーキングのやり方は?効果的な方法とは!

これだけ沢山の効果があるロングブレスウォーキング、効果を高めたいですよね!

ロングブレスウォーキングのやり方はこれだけです!

①まず4歩で息を吸います

②次に4歩で息を出します

③腕は肩甲骨を動かしながら振ります

そしてこれをお腹をへこませながらします。

そしてこれが出来るようになったら4歩で息を吸い、6歩で吐き出す。

4歩で吸い、8歩で吐き出す、と歩数を上げていってください。

これを20分間してみてくださいね。

ただ20分というと短い気がしますが、ロングブレスウォーキングをしながらはかなりしんどいんです。

スポンサーリンク

まとめ

ロングブレスウォーキングで得られる効果

・痩せやすくなる

・くびれが作れる

・便秘解消

・腰痛改善

・ヒップアップ

・バストの大きさを変えずに痩せる事ができる

・冷え性の改善

・太ももが引き締まる

・自律神経が整う

ロングブレスウォーキングのやり方

①まず4歩で息を吸います

②次に4歩で息を出します

③腕は肩甲骨を動かしながら振ります

ロングブレスウォーキングの効果凄いですね。

心身共に効果があったなんて驚きです。

でも効果が高いロングブレスウォーキングですが、最初から20分間この運動をするのはしんどいですよね。

それに辛い運動は飽きる原因にもなってしまいます。

ですので少しずつやっていくようにしましょう。

ぜひ普段のウォーキングから取り入れて、綺麗な体を目指していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする