ウォーキングでお腹をへこます5つのポイントは?

ダイエットをしたい!しかもぽっこりしたお腹をへこませたい!そう思う方もらっしゃると思います。

ダイエットのトレーニングとして、ウォーキングを考える方も多いのではないでしょうか?

ウォーキングは、ダイエットに有効な有酸素運動です。

しかも自分のペースでできますし、無理なく続ける事ができます。

ただ、歩くという動作から、下半身には効くけど、お腹をへこませる効果はないのでは?そう思っている方も多いと思います。

実際はどうなのでしょうか?

結論からいうと、ポイントを押さえればお腹をへこませる事ができます!

では、どのようなポイントを押さえてトレーニングすればいいのでしょうか?

今回は、そのポイントなどもお話ししていきたいと思います。

ウォーキングでお腹をへこます5つのポイントは?

いくつかのポイントを押さえて歩く事で、お腹をへこませる事ができるウォーキング。

実際、どのようなポイントを押さえて歩けばいいのでしょうか?

ここでは、ウォーキングでお腹をへこませるために必要な5つのポイントについてお話ししていきます。

姿勢を気にした歩き方をする

出典;Goodday

ウォーキングでお腹をへこませるために、最も気をつけたい部分がこの歩き方です。

ウォーキングは、ただがむしゃらに歩いてもダイエットの効果が出てくれません。

猫背など姿勢が悪いまま歩いてしまうと、必要以上に肩や腰に負担がかかってしまい、怪我の原因になってしまいます。

また、お腹にしっかりと効かず、お腹をへこませる事ができなくなってしまいます。

いい姿勢で歩くと、お腹に筋肉がついてへこんでくるだけではなく、肩や腰への負担も減り、体全体のバランスが良くなってきます。

では、どのように歩くのがいいのでしょうか?

下記にまとめてみましたので、チェックしてみて下さい。

1.背筋を伸ばして胸を張るイメージで立ちます。(体幹を安定させる)

2.腕は90度に曲げて大きく振る。(腕を振る勢いで体を少しひねるイメージ)

3.普段よりも大きな歩幅で歩く。(お尻と腹筋に力を入れる)

4.着地はかかとからして、歩き出しはつま先から。

たったこれだけです。

そんなに難しくないと思います。

このイメージを最初から最後まで崩さないよう意識して歩いていって下さい。

呼吸を意識する

出典;すこやかダイエット

歩く際の呼吸を意識することで、脂肪燃焼を促す事ができます。

どのように意識したらいいのかというと、下腹を意識した腹式呼吸を心がけるようにしましょう。

下腹を意識した腹式呼吸をする事で、お腹と背中の筋肉が効率よく動き、お腹をへこませるための脂肪燃焼の助けになります。

しっかり鼻から息を吸い、お腹に力を入れるイメージで息を吐き出すようにするようにしましょう。

20分以上は歩く

これは、お腹をへこませる事だけに限った事ではありませんが、ウォーキングでダイエットをする際には、必ず20分以上歩くようにしましょう。

ダイエットをする際に重要な事といえば、脂肪を燃焼させるという事です。

この脂肪の燃焼、歩いてすぐに始まるわけではなく、運動を始めて20分くらいから始まります。

ですから、20分以下のウォーキングでは効率よく脂肪燃焼をせず、ダイエット効果がかなり薄くなってしまいます。

ただ、20分以上であればどれだけ長く歩いてもいいのかというと、そうでもありません。

というのも、ウォーキングで大切な事は、続けるという事です。

ウォーキングは、ランニングなどとな違い、一回のトレーニングから得られる効果がそこまで大きくありません。

ですから、習慣にして続けていく事がとても重要です。

あまり長い時間歩いてしまうと、体に疲れが残ってしまい、続かなくなってしまうので、時間を区切ることをオススメします。

目安は40分程度がいいと思いますが、足りないという方でも60分程度で切り上げるようにしましょう。

スポンサーリンク

食事前に歩く

出典;女の美道 - 30代後半からの女性のダイエット・美容

ウォーキングをする際は、食事の前に行うようにしましょう。

食事前にウォーキングをすると、エネルギーとして必要な脂肪の分解が促進します。

また、ウォーキングによって基礎代謝が上がった状態で食事を摂ると、食事の消化に多くのエネルギーを必要とするようになるため、効率よくダイエットをする事ができるようになります。

ただ、あまりにお腹がすいている時に無理にウォーキングをしてしまうと、貧血など具合が悪くなる場合もありますので、注意が必要です。

そういったことを防ぐために、ゼリーなどで少しエネルギーを摂取しておくのもオススメです。

習慣にする

ウォーキングをするということを習慣にするようにしましょう。

前述したと通り、ウォーキングはランニングなどとは違い、一回のトレーニングから得る事ができる効果があまり大きくありません。

ただ、習慣にして行なっていく事で、基礎代謝も上がり痩せやすく太りづらい体になっていきます。

この痩せやすく太りづらい体を作る事という事が、非常に大切で、さらにウォーキングから得る事ができる効果を高めてくれます。

では、どの程度の頻度でトレーニングをしたらいいのでしょうか?

理想を言えば、日々の習慣にして毎日行うのがいいのですが、次の日の仕事や体調の面からもなかなか難しいという方も多いと思います。

そんな中でも、2日に一回のペースで、週に3〜4回は行うようにしましょう。

目標を持ってルールを決める事で、より効率よくトレーニングする事ができるようになります。

もちろん、他のポイントも押さえながら歩くようにして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ウォーキングはお腹をへこませるのに効果があるのか?について押さえておくポイントを含めお話ししてきました。

ウォーキングは、手軽にでき、続けやすいので、ダイエットをする上で非常に効果的な有酸素運動です。

全身に効果のある運動ではありますが、いくつかあるポイントを押さえてトレーニングする事で、ぽっこり出たお腹にも非常に効果あるトレーニングになります。

ただ、そのトレーニング方法を間違えてしますと、お腹をへこませるどころか、ダイエット効果もかなり薄くなってしまい、せっかくのトレーニングが台無しになってしまいます。

せっかくやる気になって続けているトレーニングです。しっかりとポイントを押さえて大きな効果を得たいですよね?

そういった効果をしっかりと出すために、今回ご紹介したポイントは非常に大切になってきます。

今まで自分で意識していたポイントと、今回ご紹介したポイントを比べてみて、いいトレーニング方法を見つけていって下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする