ウォーキングで痩せない2つの理由とは?効果を高めるポイントを紹介!

ウォーキングは、ダイエットのために行っている方も多い運動です。

ウォーキングで、ダイエットに成功したという方も多いでしょう。

しかし、中にはウォーキングでなかなか痩せないと悩んでいる方もいるはずです。

ウォーキングは正しく行えばダイエットに効果がありますが、何も考えずに行うと失敗してしまうこともあるでしょう。

ウォーキングでのダイエットを成功させるためには、痩せない理由をしっかりと理解しておくことが大切です。

今回は、ウォーキングをしてもなかなか痩せることができない方のために、痩せない理由について説明します。

また、効果を高めるためのポイントも紹介するので、ウォーキングダイエットの参考にしてください。

ウォーキングで痩せない2つの理由

ウォーキングは、ダイエットに有効な有酸素運動です。

正しく行うことで、脂肪燃焼の効果が期待できるでしょう。

ウォーキングを始めたのに、なかなか痩せることができないと悩んでいる方もいると思います。

今回は、そのような方のために、ウォーキングで痩せない理由を説明します。

ウォーキングの時間が短い

痩せない下人として最初に考えられるのが、ウォーキング時間が短時間であることです。

ウォーキングは、運動不足の方でも無理なく行える運動です。

ランニングなどの有酸素運動に比べて、不可が軽いのが特徴となるでしょう。

そのため、ウォーキングで痩せるためには、それなりの距離を歩く必要があります。

ウォーキングの時間が短いと、消費カロリーも少ないので痩せにくいと感じるでしょう。

有酸素運動が脂肪燃焼に効果があるのは、運動を始めてから20分以上経ってからだと言われています。

つまり、20分以上のウォーキングは必須となってくるでしょう。

ウォーキングは、誰でも気軽に行える負荷の軽い運動です。

できれば、30分以上のウォーキングを目安に行いましょう。

ただし、最初は無理をする必要はありません。

無理をして、怪我をしてしまっては元も子もないからです。

特に運動不足の方の場合は、20分を歩くだけでも辛いと感じるでしょう。

最初は短い時間のウォーキングで済ませて、徐々に歩く時間を長くしてください。

最終的には30分以上のウォーキングができるように、心がけましょう。

カロリーの摂取量が多い

ウォーキングはダイエット効果がある有酸素運動ですが、食生活も重要になってきます。

ダイエットでは、消費カロリーや摂取カロリーの計算が非常に大切です。

折角ウォーキングでカロリーを消費しても、それ以上のカロリーを食事で摂取してしまっては意味がありません。

ウォーキングでカロリーを消費したことが、無駄にならないような食生活も重要です。

特にウォーキングをすると、普段よりもお腹が減ってしまうことがあるでしょう。

適度にウォーキングをすることで、食欲が旺盛になります。

ウォーキングをしているのに痩せないと感じている方は、自分の食生活を見直してください。

ダイエットを成功させるためには、過剰なカロリーの摂取は論外です。

食べ過ぎには、十分注意してください。

ウォーキングでしっかりとカロリーを消費しカロリーの摂取を抑えれば、必ずダイエットは成功します。

食生活を見直しながら、ウォーキングを頑張りましょう。

ダイエット効果を高めるポイント

それでは、ウォーキングでダイエット効果を高めるポイントを説明します。

痩せない理由を見つめ直し、効果を高めることでダイエット効率も良くなるでしょう。

ダイエットを成功させるためにも、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

正しい姿勢で歩く

ウォーキングは、正しい姿勢で歩くことでダイエット効果が高まります。

正しい姿勢で歩くと全身の筋肉がしっかりと使われるので、引き締まった身体を手に入れることができるでしょう。

歩くときの正しい姿勢は、背中を真っ直ぐに伸ばした姿勢です。

歩くことに集中しすぎて、猫背にならないように注意しましょう。

視線は足元よりも少し先を見るようにして、着地はかかとから行ってください。

少し歩幅を大きくすることで、消費カロリーも上がります。

太ももやふくらはぎのシェイプアップにも役立つので、歩幅は大き目を意識しましょう。

ウォーキングを正しい姿勢で行うと、腹筋や背筋も鍛えられます。

腹筋や背筋が鍛えられることによって、腰痛の予防にも繋がるでしょう。

怪我の予防にも効果的なので、ウォーキング中は背中を真っ直ぐに伸ばした正しい姿勢を心がけてください。

筋トレをして基礎代謝をアップ

ウォーキングでのダイエット効果を高めるには、筋トレを一緒に行う方法もあります。

ウォーキングは有酸素運動なので脂肪燃焼の効果は期待できますが、筋力アップの効果はあまり望めません。

そこで、ウォーキングの前後で筋トレをすることによって、筋力アップも図る方法があります。

ダイエットには、筋トレも非常に有効です。

それは、筋肉が付くことによって、基礎代謝が上がるからです。

基礎代謝が上がると一日の消費カロリーも大きくなるので、痩せやすい身体を手に入れることができるでしょう。

ダイエットで筋トレを取り入れるのは、途中から痩せにくくなったと感じている方にも有効です。

ダイエットで順調に痩せてくると、基礎代謝は下がっていきます。

基礎代謝が下がると、ウォーキングをしても痩せににくくなるでしょう。

そこで、筋トレを行って基礎代謝を上げれば、一日の消費カロリーを増やすことができます。

ウォーキングを合せて行うことで、ダイエット効果が高まるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングで痩せない理由には、ウォーキングが短時間であることと摂取カロリーが大きいことが考えられます。

ウォーキングは負荷の軽い運動なので、30分以上のウォーキングをしたいところです。

さらに、食べ過ぎにも注意して摂取カロリーの計算も必要でしょう。

ウォーキングで消費したカロリーを無駄にしたいためにも、食事に気を配る必要があります。

ウォーキングのダイエット効果を高めるなら、正しい姿勢で歩くことが重要です。

また、筋トレも一緒に行うことで、基礎代謝を上げて痩せやすい身体を手に入れることができるでしょう。

ウォーキングダイエットを成功させるために、参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする