ウォーキング中に重りを付けるとどんな効果が?3つの効果を紹介!

ウォーキングは靴さえあれば、始められる運動です。

健康やダイエットのために、毎日歩いている方も多いでしょう。

ウォーキング中に重りを付けることで、効果を高めることができます。

具体的にどのような効果が高まるかは、気になるところでしょう。

重りを付けるだけで効果が高まるなら、ウォーキングで重りを付けることを検討してみたいところです。

今回は、ウォーキング中に重りを付けることによる効果について、説明します。

ウォーキングを工夫することによって、より健康への効果やダイエット効果も高まるでしょう。

効率の良いウォーキングをするためにも、ウォーキング中に重りを付けることによる効果を参考にしてみてください。

重りを付けることによる3つの効果


出典;ウォーキング初心者の心得

ウォーキング中に重りを付けたときの効果が気になっている方は多いでしょう。

それでは、具体的な効果について紹介します。

筋力アップに効果あり!

重りを付けてウォーキングしたときに、最も期待できるのが筋力アップです。

ウォーキングは脂肪燃焼に効果がある有酸素運動ですが、重りを付けることで筋力の向上も図ることができるでしょう。

脚に重りを付けることで、太ももやふくらはぎの筋肉が鍛えられます。

太ももやふくらはぎに筋肉が付くことで、引き締まった下半身になるでしょう。

また、腕に重りを付けてウォーキングするという方法もあります。

腕に重りを付ければ、気になる二の腕のシェイプアップにも役立つでしょう。

二の腕の脂肪も女性にとっては、とても気になる部分です。

重りを付けてウォーキングをすることで、引き締まった身体を手に入れることができるでしょう。

重りを付けたウォーキングは、筋力アップに役立ちます。

上手に重りを活用して、脂肪燃焼だけでなく、筋力アップも図りましょう。

心肺機能が鍛えられる

ウォーキングで重りを付けることによって、心肺機能が鍛えられるという効果も期待できます。

重りを付けることで負荷が大きくなるので、ウォーキングでも心配機能が鍛えられるのです。

もちろん重りがなくでも、ウォーキングは心肺機能の向上を目的に行うことができます。

しかし、重りを付ければ、より効率的に心肺機能を鍛えることができるでしょう。

心肺機能が鍛えられると、ウォーキングの距離や時間も自然と延びてきます。

一回のウォーキングでの消費カロリーも増えてくるでしょう。

そうすると、ダイエット効果もさらに高まってきます。

心肺機能を鍛えることは、ダイエットにも役立ってくるでしょう。

ウォーキングでダイエットを成功させるために、重りを付けて心肺機能を鍛えるのも一つの方法です。

消費カロリーもアップ!

重りを付けたウォーキングでは、消費カロリーもアップします。

普通にウォーキングをするよりも、重りを付けたウォーキングの方がカロリーを消費しやすくなります。

ダイエット目的という意味でも、重りを付けたウォーキングは有効でしょう。

重りを付けたウォーキングは、通常のウォーキングよりも疲れやすいと感じると思います。

それだけ、全身をしっかりと使っているということがわかります。

重りを付けたウォーキングを活用して、ダイエットを成功させましょう。

ウォーキングでの重りの付け方


出典;アンクルウェイト(薄型)は目立たないのでおすすめ~アンクルウェイトを効率よく使う方法~

ウォーキング中に重りを付けることで、ダイエット効果と筋力アップの効果が同時に期待できます。

それでは、どのような重りを付ければ良いのか迷う方も多いでしょう。

重りにも様々な種類があります。

重さもそれぞれなので、どれも付けるべきか迷ってしまうでしょう。

ウォーキングでつける重りは、軽いものを選ぶようにしてください。

重りが重すぎると、ウォーキングの質が下がってしまいます。

重りには、重さを変えることができるものもあります。

重さを変えられる重りを使うことも一つの方法です。

ウォーキングをメインとした有酸素運動であることが大切なので、軽い重りを選んでウォーキングの妨げにならないようにしましょう。

また、ウォーキング中にズレないようにしっかりと固定をする必要もあります。

重りが気になってしまうと、ウォーキングに集中することができません。

ウォーキングの邪魔にならないよう、安定感のある重りを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

重りを付けたときの注意点


出典;ウォーキングするならパワーアンクルをつけて効果倍増!

ウォーキングで重りを付けることは、筋力アップの効果もあるのでおすすめです。

しかし、身体への負担も大きくなるので、注意も必要です。

重りを付けたウォーキングは、普通のウォーキングよりも疲れやすくなります。

そこで、腕や脚が疲れてきたら、無理せずに重りを外すようにしましょう。

疲れているのに無理をすると、怪我の原因になってしまいます。

無理したウォーキングは姿勢も悪くなるので、膝だけでなく腰などにも悪い影響を及ぼすでしょう。

無理のないウォーキングをするためにも、重りは軽いものを選ぶ必要があります。

また、重りはきつく締めすぎないように注意しましょう。

長時間のウォーキングをするなら、重りは余裕をもって装着することが重要となります。

さらに、重りを付けてウォーキングをするときは、時間や距離をあまり延ばさないようにしましょう。

普段のウォーキングよりも身体への負荷が大きくなっている状況です。

自分の体調をしっかりと見極めながら、ウォーキングに臨む必要があります。

調子が悪いときは、重りを外すことも大切です。

ウォーキングでは、継続することが最も重要でしょう。

継続するためには、無理のないウォーキングをそる必要があります。

自分の体調を最優先に考えて、重りを付けても余裕のあるウォーキングを心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは靴さえあれば気軽にできる運動なので、多くの方におすすめすることができます。

ウォーキングの効果を高める方法には、重りを付けるという方法があります。

重りを付けてウォーキングをすることで、筋力アップやダイエット効果を高めることができるでしょう。

ウォーキング中に重りを付ける場合は、重いものを選ばないようにしてください。

重すぎると、ウォーキングの妨げになってしまいます。

軽めの重りを選んで、長時間のウォーキングを行いようにしましょう。

ウォーキングは、ダイエットに効果的な有酸素運動です。

毎日の継続が大切なので重りを付けてウォーキングをするときは、無理をしないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする