ウォーキング30分のカロリー消費はどのくらい?効果を高める3つの方法!

ウォーキングは、健康やダイエットのために毎日行いたい運動です。

ウォーキングを継続すれば、健康的な身体を手に入れることができるでしょう。

ウォーキングでダイエットをする場合は、歩く時間や消費カロリーも気になるところです。

運動不足で歩く習慣がなかった方は、長時間歩くのもつらいと感じるでしょう。

ウォーキングでのダイエットを成功させるためには、歩く時間と消費カロリーの関係を頭に入れておく必要があります。

消費カロリーを知っておくと、一日のカロリー計算にも役立つでしょう。

今回は、ウォーキングを30分行った場合の消費カロリーについて紹介します。

ウォーキングは脂肪燃焼の効果が期待できるので、30分のウォーキングを上手に活用してダイエットを成功させてください。

30分ウォーキングの消費カロリーは?

ウォーキングは、ダイエット効果がある有酸素運動として知られています。

ダイエットのためにウォーキングをしている方も多いでしょう。

ダイエットを効率良く行うためには、ウォーキングの消費カロリーを知っておくことが大切です。

それでは、30分間のウォーキングを行った場合の消費カロリーについて説明します。

ウォーキングを行ったときの消費カロリーは、その人の体重や歩くスピードによっても変化します。

普通の速度で体重50kgの方が30分間ウォーキングをしたときの消費カロリーは、約78kcalです。

体重60kgの方の場合は、約96kcalとなるでしょう。

これが早歩きの場合だと消費カロリーも大きくなります。

早歩きで30分間のウォーキングをしたときに体重50kgの方の場合は、約105kcalを消費することができます。

体重60kgの方の場合は、約126kcalを消費することができるでしょう。

ウォーキングでは、早歩きをすることでカロリーをより多く消費することができます。

そのため、ダイエットのためには普通の速度でのウォーキングよりも早歩きのウォーキングが効果的です。

ダイエットを成功させたいという方は、早歩きを意識して歩いてみると良いでしょう。

30分間のウォーキングの効果を高める3つの方法

ウォーキングは、誰でも気軽にできる運動です。

そのため、運動不足の方でもダイエットのために何気なく始めることができるでしょう。

30分間のウォーキングでは、体重が50kgの方の場合は約78kcalを消費することができます。

早歩きをすることで、約105kcalに消費カロリーが増える点は注目でしょう。

ウォーキングの方法によっても、消費カロリーは変わってきます。

ダイエットを効率良く進めるためには、効果を高めることも重要となってくるでしょう。

そこで、30分間のウォーキングを高めて、カロリー消費を大きくする方法を紹介します。

ウォーキングの速度に変化をつける

ウォーキングでは、早歩きをすることで消費カロリーを大きくすることができます。

さらに、効果を高めたいなら早歩きとゆっくり歩くのを交互に繰り返してください。

これは、ランニングにおけるインターバルトレーニングと同じような役割があります。

心肺機能が鍛えられるだけでなく、消費カロリーもアップするのでダイエット効果が高まるでしょう。

早歩きとゆっくり歩くのを交互に行うことで、脂肪燃焼の効果も期待できます。

早歩きをずっと続けるよりも、効率の良いダイエットが可能となるでしょう。

早歩きのときは、少し歩幅を大きくすることを意識してください。

歩幅を大きくすることでも、消費カロリーは上がります。

さらに、太ももやふくらはぎの筋肉がしっかりと使われるので、下半身のシェイプアップもできるでしょう。

早歩くとゆっくり歩くのを1セットと考え、数セットこなすようにしてください。

30分間のウォーキングでも、ダイエット効果の高いウォーキングを行うことができるでしょう。

スポンサーリンク

筋トレを取り入れる

30分間のウォーキングで消費カロリーを大きくするために、筋トレを取り入れる方法もあります。

消費カロリーは、筋肉の付き方によっても変わってきます。

同じ30分間のウォーキングでも、男性と女性とでは消費カロリーも変わってくるでしょう。

そこで、消費カロリーを高めるために筋トレを取り入れることをおすすめします。

ダイエットとして活用したい筋トレは、腹筋やスクワットです。

お腹周りが気になっている方も多いと思うので、腹筋は是非やっておきたい筋トレの一つでしょう。

さらに、スクワットもおすすめです。

スクワットは、太ももやふくらはぎなど下半身を鍛えるのに有効です。

下半身が鍛えられることで、ウォーキングに必要が筋肉を付けることができるでしょう。

ウォーキングに必要な筋肉をしっかりと付けることで、怪我の予防にも繋がります。

筋肉が付くと基礎代謝が上がって消費カロリーが増えますが、おすすめできるのはそれだけではありません。

怪我の予防という点からも、目が離せないでしょう。

正しいフォームを維持する

30分間のウォーキングの効果を高めるには、正しいフォームで歩くことも大切です。

ウォーキングにおける正しいフォームは、背中を真っ直ぐに伸ばして、腹筋や背筋を使った歩き方です。

歩幅を少し大きめに意識して、着地はかかとから行いましょう。

ウォーキングで正しい姿勢を維持しながら歩くと、全身がしっかりと使われているのがわかります。

腹筋や背筋も鍛えられるので、ダイエット効果が高まるでしょう。

30分間のウォーキングにおける消費カロリーも大きくなります。

ダイエットの効率が良くなるでしょう。

ダイエットを成功させるためには、正しいフォームを維持したウォーキングも重要となってきます。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、ダイエットのために行いたい運動の一つです。

継続してウォーキングをすれば、ダイエットを成功させることができるでしょう。

ウォーキングを30分間したときのカロリーは、体重50kgの方の場合、約78kcalです。

体重60kgの方の場合は、約96kcalとなるでしょう。

ウォーキングは、30分間でもしっかりとカロリーを消費できていることがわかります。

この消費カロリーを意識して、毎日のカロリー計算に役立ててください。

ダイエットでは、カロリー計算が非常に重要になってきます。

過剰なカロリー摂取をしていては、ウォーキングをしても痩せることができません。

ダイエット成功のために30分間のウォーキングの消費カロリーを把握し、ダイエットのスケジュールを組み立ててください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする