炎天下でのウォーキングの消費カロリーは?気温で消費量は変わる?

ウォーキングは、夏でも健康的に行える運動です。

気温が温かくなってくると、ウォーキングを始める方も増えてくるでしょう。

ダイエットを目的としてウォーキングを始めた場合は、消費カロリーが気になるところです。

夏の炎天下でのウォーキングは、消費カロリーが大きくなりそうだと感じる方も多いでしょう。

せっかくウォーキングをするなら、少しでも効率の良い方法でウォーキングを行いたいところです。

今回は、夏の暑い季節で役立つウォーキングの知識を紹介します。

炎天下でのウォーキングの消費カロリーや気温による消費量の変化について、解説していきます。

ウォーキングダイエットを成功させて、理想のスタイルを手に入れるために参考にしてみてください。

ずばり!消費カロリーに差はない

まずは、炎天下でのウォーキングの消費カロリーについて解説します。

炎天下でウォーキングをすれば多くのカロリーを消費し、痩せることができるのではないかと考えている方も多いはずです。

ずばり結論から言うと炎天下でのウォーキングでも消費カロリーはあまり変わりません。

大量の汗をかくことから、カロリーも多く消費していると勘違いしている方も多いようです。

なので、厳密に言うと炎天下でのウォーキングは、普段と変わらない消費カロリーだということです。

ダイエットを成功させるためには、このあたりを頭に入れておく必要があるでしょう。

そのため、炎天下にウォーキングをしかたら大丈夫だと思って、食事を摂り過ぎては体重が増える原因になってしまいます。

炎天下でのウォーキングでは、カロリー消費量が増えているわけではないので注意しましょう。

カロリーを消費しやすいという点では、夏より冬の方が効果的です。

気温によるカロリー消費量の変化

炎天下でのウォーキングでは、カロリー消費量はほとんど増えていません。

それでは、気温によるカロリー消費量の変化はないのでしょうか。

実は、気温によってカロリー消費量は変化します。

炎天下のウォーキングではカロリー消費量は増えませんが、逆に寒い冬のウォーキングではカロリー消費量が大きくなります。

夏ではなく、冬の方がカロリーを消費できるという点は驚きでしょう。

そのため、単純にカロリーを消費したいなら冬の方がおすすめです。

冬の寒い時期では、冷えた身体を温めようしてカロリー消費量が上がります。

炎天下でのウォーキングではカロリー消費量は増えませんが、冬のウォーキングでは増える結果となっています。

つまり、冬のウォーキングでも十分ダイエット効果はあると言えます。

ダイエットを成功させるためには、冬のウォーキングも活用してみましょう。

炎天下でのウォーキングはダイエット効果が薄い?

炎天下でウォーキングをしても、消費カロリーはほとんど変化がありません。

それでは、炎天下でのウォーキングはダイエット効果がないのでしょうか?

もちろん、炎天下のウォーキングでも十分にダイエット効果が期待できます。

ウォーキングはダイエットに有効な有酸素運動なので、継続すれば痩せることができるでしょう。

また、炎天下でのウォーキングは消費カロリーを増やすことができませんが、食欲が落ちるというメリットもあります。

食事の前にウォーキングをすることで、食欲が落ちるので一日の摂取カロリーを減らすことができるでしょう。

そのため、消費カロリーを増やすのと同じくらいの効果が期待できます。

そういう意味では、炎天下のウォーキングでも十分ダイエット効果が高いと言えるでしょう。

さらに、炎天下でのウォーキングでは、大量の汗をかくので身体の老廃物を外に出すこともできます。

それにより、美肌効果も高まる点は注目でしょう。

炎天下にウォーキングをすることで、痩せるだけでなく美肌を手に入れることもできます。

そういう意味では、女性にとっては欠かさないのがウォーキングです。

炎天下でのウォーキングは消費カロリーを増やすものではありませんが、他にも様々な効果が期待できます。

ダイエット効果だけでなく、美容効果も望めるので女性にもおすすめできるでしょう。

炎天下のウォーキングや冬のウォーキングなど、それぞれに利点があります。

その効果を頭に入れておけば、上手にダイエットを進めることができるでしょう。

スポンサーリンク

炎天下でのウォーキングの注意点

炎天下でのウォーキングは、消費カロリーこそあまり変化はありませんが、食欲を減らしたり、汗と一緒に身体の老廃物を外に出す役割が期待できます。

そのため、炎天下のウォーキングも積極的に行っていきたいところでしょう。

しかし、炎天下でのウォーキングでは注意も必要です。

暑い季節のウォーキングは、熱中症に気を付けましょう。

水分補給は小まめにするようにして、適度に休憩を入れるようにします。

長時間のウォーキングは熱中症になる恐れがあることから、木陰などで休憩を挟むようにしましょう。

また、帽子の着用も忘れてはいけません。

日差しが非常に強いので、帽子を付けていないと熱射病になってしまう恐れもあります。

さらに、紫外線も強いので薄着だと、肌へのダメージも大きいでしょう。

特に女性の場合は、日焼けが気になるところです。

日焼け止めを塗っても、大量の汗で流れてしまうのであまり効果がありません。

そのため、長袖や長ズボンなどの着用も必要になってくるでしょう。

ただし、長袖や長ズボンは熱がこもりやすいので、熱中症の危険性があります。

熱中症に気を付けながら、水分補給をしたり、休憩を入れたりしてウォーキングを行ってください。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、炎天下でも行える運動です。

夏の暑き季節でもウォーキングを継続することで、ダイエット効果が期待できるでしょう。

炎天下でのウォーキングは消費カロリーが増えていると思いがちですが、消費カロリーはあまり変わっていません。

むしろ、寒い冬の方が身体を温めようとして、消費カロリーが増える傾向があります。

しかし、炎天下でのウォーキングは食欲が減るので、摂取カロリーを抑えることができます。

さらに、大量の汗をかくことによって、身体の老廃物を外に出してくれる点も注目でしょう。

ダイエット効果だけでなく美容効果も期待できるので、熱中症に気を付けながら炎天下でのウォーキングに挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする