ウォーキングと踏み台昇降はどちらが痩せる?消費カロリーやメリットの違い

みなさんはダイエットと言ったら何を思い浮かべるでしょうか?

ダイエットと言うと、食事制限や運動など様々な方法がありますよね。

今回はウォーキングと踏み台昇降について注目してみたいと思います。

どちらもダイエットとして効果のあるものですが、果たしてどちらの方が消費カロリーが多いか気になりませんか?

両者の消費カロリーについて知っていれば自分に合ったダイエットを見つけることができるかもしれません。

それではこれからウォーキングと踏み台昇降の消費カロリーについてご紹介させていただきます。

ウォーキングの消費カロリー

まずはウォーキングの消費カロリーからです。

ウォーキングというと激しい運動では無いのであまりカロリーを消費しないイメージがあるかと思いますが、実際どのくらいあるのでしょうか。

ウォーキングの消費カロリーはご想像の通りあまり多いものではありません。

ウォーキングの消費カロリーの計算式は、

METs × 体重 × 運動時間 × 1.05 =消費カロリー

とこのようになります。

ちなみにMETs(メッツ)というのは、静止状態を1とし、他の活動を行った場合何倍エネルギーを消費したかを比較するものです。

ちなみにウォーキングは1分につき90~100m進むペースで歩くと3.8METsとなります。

仮に体重60kgの人が1時間ウォーキングしたとすると、

3.8 × 60 × 1 × 1.05 = 239.4kcal

とこのようになります。

239.4kcalと言われてもイマイチピンと来ないかもしれません。

おにぎり1個のカロリーが200kcal前後なので、消費カロリーが少ないことがわかるかと思います。

踏み台昇降の消費カロリー

ウォーキングの消費カロリーが少ないとお話しましたが、踏み台昇降もあまり多いものではありません。

まず体重1kgあたり踏み台昇降を1分間行った場合に消費されるカロリーはだいたい0.09kcalとなります。

そして踏み台昇降の消費カロリーの計算式は、

体重 × 1分間あたりの消費カロリー × 運動時間(分) 補正係数 =消費カロリー

とこのようになります。

補正係数とは性別や年齢によって変わるもので、

男性:20代=1.00、30代=0.96、40代=0.94

女性:20代=0.95、30代=0.87、40代=0.85

となります。

つまり仮に体重60kgの20代男性が1時間踏み台昇降をした場合、

60 × 0.09 × 60 × 1.00 = 324kcal

とこのようになります。

これを見ていただければわかるかと思いますが、消費カロリーに関しては踏み台昇降の方が多いようですね。

そのためより早く痩せたいと考えるのであれば踏み台昇降をすると良いでしょう。

ウォーキングと踏み台昇降のメリット

消費カロリー多さに関しては踏み台昇降の方が優れています。

しかし、それぞれに異なるメリットがあるので一概にどちらの方が良いということはありません。

それぞれのメリットについてまとめたので、比較して自分に合っていると思うものをやってみましょう。

ウォーキングのメリット

まず、ウォーキングのメリットについて説明します。

スポンサーリンク

特別道具を必要としない

ウォーキングは極端なことを言えば何も道具を揃える必要がありません。

やろうと思えば普段外出する格好でもできてしまうのがウォーキングです。

もちろん本格的に行おうと思ったら運動用の服装を用意する必要があります。

とはいえ軽くダイエットのために行うのであれば無理に揃えなくても良いでしょう。

無理なく痩せられる

ウォーキングは消費カロリーが少ないですが、実はそれがメリットとなるのです。

消費カロリーが少ないことで、ゆっくりと無理なく痩せていくのでリバウンドがしにくいです。

より早く痩せられるようなダイエットはその分運動量が多くなり、体に負担がかかるようになります。

その結果、早く痩せたものの体にかかった負担からストレスが溜まり、そのストレスを解消しようと暴飲暴食をしてしまう恐れがあります。

リバウンドを避けたいのであればウォーキングがおすすめでしょう。

移動のついでにできる

ウォーキングは歩く運動ですよね。

そのためちょっとした移動のついでにできてしまうんです。

例えばいつも自転車を使って買い物に行くスーパーに歩いて行けばこれはウォーキングとなりますよね。

いつもの生活をちょっとだけ工夫することで効率よくダイエットできるのがウォーキングの魅力です。

踏み台昇降のメリット

続いて、踏み台昇降のメリットについて紹介します。

天候に左右されない

踏み台昇降は屋内で踏み台さえあればダイエットです。

つまり外に出る必要が無いんですね。

ウォーキングだと仮に台風などで外に出るのが危険な状態だと断念する必要がありますよね。

踏み台昇降であれば屋内の安全なところで行うことができるので、天候に左右されずに行うことができます。

身支度を必要としない

ウォーキングをするとなると外に出る必要がありますよね。

そうなると寝ぐせを直したり、女性の場合であれば化粧をしないと外に出るのに抵抗がある人がいらっしゃるでしょう。

ウォーキングはこのように身支度をしなければいけないのが少々面倒ですよね。

しかし、踏み台昇降であれば身支度をする必要がありません。

当然ですが、自宅で行うので人に会うことがありませんよね。

そのため寝ぐせで髪はボサボサですっぴんでも問題無く出来てしまうのが踏み台昇降の良いところです。

毎回身支度をするのがめんどうだなと思う方は踏み台昇降がおすすめとなります。

何かをやりながらできる

踏み台昇降は下半身しか使わないので上半身はフリーですよね。

ウォーキングもそうですが、屋外であるため歩きながらできることは音楽を聴くくらいしかありません。

踏み台昇降であれば屋内であるため、テレビを見ながらだってできます。

他にも家族と会話しながらなど、家にいてちょっとしたときに何かをしながら踏み台昇降はできるのです。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングと踏み台昇降では踏み台昇降の方が消費カロリーは大きいです。

しかし、それだけで踏み台昇降の方が良いのかと言うとそうではありません。

それぞれメリットとなる部分があるので、メリットを比較して自分に合った方を取り組むことで継続してダイエットをすることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする