山ウォーキングにおすすめの服装を紹介!

いつもの道をウォーキングするのも楽しいですが、たまには山ウォーキングでもして気分を変えたいと思いますよね。

山は自然を感じられるので、運動プラスストレス解消にも効果的です。

でも山は普通の道とは違って虫が多く、気を付けないと大きなケガをしてしまう恐れもあるんです。

それに気温も低くなりやすく、夏でもどんな服装で行けばいいのか難しいですよね。

今回はそんな山ウォーキングにおすすめな服装を気温別に紹介していきたいと思います。

山ウォーキングでおすすめの服装はコレ!

山ウォーキングをするときに大切になってくるのは、温度調節ですよね。

夏でも山の中は涼しかったり、かと思えば日向に出ると暑かったり、温度調節が難しく服装を選ぶのも大変です。

そんな山でのおすすめな服装は薄い服を何枚も重ねて着る事なんです。

薄い服を何枚も重ねておくことで、脱いだ時にかさばらず寒くなれば着るだけで済みますよね。

ですので暑ければ脱ぐ、寒ければ着る、これをすばやく行える服装で山に行くのがふさわしいと言えます。

そんな山は一見暖かい季節と寒い季節、服装は全く違うように感じますが実は似ているんです。

次では暖かい季節と寒い季節にしたらいい、山ウォーキングの服装を紹介していきたいと思います。

暖かい日の服装

暖かい日でも山に入ると寒いときがあります。

それは山には木が沢山あるので下まで日光の光が当たることが少なく、その分地面付近が冷え込んでいることがあるからです。

特に川の付近だったり、水が近くにある場合はかなり冷え込むことがあります。

なので今日は暑いから半袖で良い、と考え夏場でも薄着で行くのはやめましょう。

さらに歩いて汗をかくと、汗が乾かない間は寒さが強く感じます。

暖かい日の山ウォーキングでは、ジャケットはすぐに脱げる運動用のパーカーを着ていくことがおすすめなんです。

出典;キナリノ

一見暑そうに思うかもしれませんが、寒くなったときに羽織って、それ以外は腰に巻いてつかうと邪魔になりません。

それに暑いと感じれば脱げばいいだけなので、必ず持って行きましょう。

運動用のパーカーでなくてもジャージだったり、汗を吸い取ってくれるもの、通気性がいいものを持っていくのがおすすめです。

そしてこの下に着ておきたいのが、これらの速乾性の高いシャツです。

出典;Quiksilver

出典;BORED

速乾性が高い服は汗をかいてもすぐに服が乾き、さらに熱も逃がしてくれます。

このシャツじゃいけないというわけではなく、家にある綿以外のシャツであれば何でも大丈夫です。

綿は汗は大量に吸ってくれるのですが、乾くのに時間がかかりすぎるため山には向いていません。

そしてボトムスでお勧めしたいのは長ズボンです。

暖かいから半ズボンを履きたいと思うかもしれませんが、山ではしっかり体を守っておかないと、こけた時に大けがをすることもあります。

それに折れた木に足が当たってしまうこともあるんです。

ですので夏でも通気性の良い長ズボンを履くことをおすすめします。

出典;Rakuten

寒い日の服装

寒い日のウォーキングでは下にヒートテックを着ておくのが良いですよ。

ヒートテックは汗をかいても生地が薄いので乾きやすく、それでいて温かいので寒い季節の山ウォーキングにはおすすめなんです。

歩いている途中に脱いでしまっても荷物にならないので、ヒートテックを2枚重ねで着ていくのもおすすめです。

そして熱くなったら脱ぐ、寒くなったら着るを、時と場合によって変えていきましょう。

出典;UNIQLO

そしてこの上におすすめなのは速乾性の高い長袖のシャツです。

出典;BORED

こちらは先ほども紹介したように、家にある綿以外の生地ならほとんど大丈夫です。

ヒートテックの上に長袖のシャツを着るのもいいですし、重なってごわごわなるのが嫌だという方は、少し大きめのシャツを着てみてください。

そしてこの上に着たいのがマウンテンパーカーです。

出典;緑のgoo

出典;WEAR

マウンテンパーカーには保温効果がついているので寒い時期の山に最適と言えます。

さらにマウンテンパーカーのようなつるつるとした素材のジャケットには、撥水機能もついているので、キャップをかぶれば雨でも両手が空きます。

山道は石などでつまずいてこけてしまうこともあるので、両手が空くような服を着ることはとても大切な事です。

そして寒い日は足元もしっかり熱を逃がさないようにしていきましょう。

冬では足元を冷やさないためにズボンの下に、スパッツを履いていくのもおすすめです。

出典;YAHOOショッピング

さらにこれ以外にも手袋やネックウォーマーをして、寒さ対策をしておくのも手です。

スポンサーリンク

山ウォーキングで良くない服装はコレ!

まず半袖、半ズボンはなるべく着ないようにしましょう。

暖かい季節だと半袖を着てしまいがちですが、山では虫に噛まれたり、足元を怪我したりということもあるので必ず袖の長いものを着ましょう。

そして袖が長ければ何でもいいわけではなく、こんな服装は好ましくありません。

出典;UNIQLO

出典;UNIQLO

パーカーやジーンズは一見動きやすそうに見え、山には良いように見えますが、これらは着てはだめな服です。

その理由はこれらの服は水を吸ってしまうと、簡単には乾かずなおかつ重くなってしまうからなんです。

ですので先ほど紹介したように綿以外の生地のものを選ぶのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

・暖かい季節には速乾性の高いシャツを重ねて着ておくと良い

・寒い日の山ウォーキングではマウンテンパーカーを着ていくのがおすすめ

・冬は中にヒートテックを2枚着ておくとすぐ脱げて便利

・ネックウォーマーなどをしていくのもアリ

・パーカーやジーンズのように乾きにくく、水に塗れると重くなるものはダメ

山でのウォーキングはいつもと違う風景が楽しめるので、楽しみながら歩くことができますね。

寒くなりがちな山では寒かったら重ねて着たり、逆に暑くなったら腰にパーカーを巻いたり、気温によって体温調節するのが大切です。

最近ではアウトドアも流行っているので、種類も増え可愛い服も沢山売っています。

ですので機能性だけではなく、自分だけのコーディネートを作るのも楽しそうですね。

一年を通してその時の天候に適した格好で山ウォーキングを楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする