1カ月程度のウォーキングダイエットでは効果に個人差がある!その理由とは?

最近体重が気になってきたからダイエットをしようかと検討している方はいらっしゃるでしょうか?

そんな方におすすめなのがウォーキングダイエットです。

激しい運動ではないので、運動不足な方でも継続しやすく取りくみやすいダイエットと言えるでしょう。

しかし、逆に激しい運動ではないからそんなに効果が出ないのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

確かにランニングなどと比べるとあまり体力を使うようには見えないですよね。

そこでウォーキングダイエットを1カ月続けるとどの程度効果が出るのかをこれからご紹介させていただきたいと思います。

1カ月での効果

ウォーキングダイエットを1カ月続けるとどの程度効果が出るのかと言うと、実は個人差があるので具体的にどの程度効果があるのかは断言できません。

どういうことかと言うと、人によっては1カ月で痩せていることを実感できるけれど、別の人では全く痩せなかったりします。

そうは言ってもそれは1カ月だけの話で、1カ月以上長い間ウォーキングを続けていれば誰でも痩せることができます。

1カ月で効果がでないからと諦めてしまう人がいるようですが、ウォーキングはそもそも即効性のあるダイエット方法ではありません。

長期で続けることによって次第に効果が出てくるものなので、途中で断念してしまってはもったいないのでがんばって続けていくのが重要です。

なぜ個人差があるのか

体型

個人差がでる大きな原因は元々の体型にあります。

ウォーキングダイエットを1カ月で効果がでる人というのは元々肥満体形の人が多いです。

逆にそこまで太っていなかったり、過去に運動をしていてある程度筋肉が出来あがっているような人は効果が出にくいです。

これはなぜかと言うと、まずウォーキングを始めると体は筋肉を作り始めます。

筋肉が鍛えられると代謝が上がるので脂肪が燃えやすくなるのです。

これがウォーキングがダイエットとして効果のある要因の一つなのですが、これによって個人差が生まれるのです。

元々運動不足で肥満体形の人は筋肉があまりありません。

そのためウォーキングを始めることによって、これまで運動をしていなかったので比較的早めに効果がでてきます。

一方そこまで太っていなかったりある程度筋肉がある人は、すでに筋肉が出来あがっているため1カ月のウォーキングでは効果が出にくいのです。

食生活

個人差が生まれる原因は体型にあり、それは変えられる要素ではありません。

しかし、中には普段の行動などからも差が生まれ、その一つに食生活があります。

ウォーキングは激しい運動ではないので消費されるカロリーは他の運動と比べると控え目です。

そのためある程度の食事制限をしないと効果が出にくくなってしまいます。

例えばお菓子などの間食が多い人は、摂取したカロリーがウォーキングでの消費カロリーを上回ってしまい効果が出なくなってしまうのです。

そのためウォーキングダイエットの効果を過信しないようにしましょう。

また、普段どのようなものを食べるのかによっても効果に差が生まれます。

ウォーキングの効果を早めに出したいのであればたんぱく質を積極的に取るようにしましょう。

具体的に言うと、大豆食品などですね。

これはなぜかと言うと、先ほども少し触れた筋肉に関係しています。

たんぱく質は筋肉を増やすのに必要な成分です。

つまりたんぱく質をたくさん摂取することによって筋肉が作りやすくなり、その結果代謝が上がりやすくなるということです。

もしもウォーキングの効果がなかなか出ないと思うのであれば食生活を見直してみてください。

スポンサーリンク

歩く速度

1カ月でウォーキングダイエットの効果を出すためには歩く速度も気にしてみましょう。

例えばウォーキングとランニングではランニングの方が体力を使いますよね。

同じようにウォーキングでも歩く速度によって消費カロリーが変わってきます。

そこでダイエットを目的とするのであれば早歩きをするように意識しましょう。

1回1回のウォーキングでは、普通に歩くのと早歩きでは消費カロリーに差はあれど多少早歩きの方が多い程度です。

しかし、塵も積もれば山となるということわざがあるように継続することによってその差はどんどん大きくなっていきます。

ウォーキングの効果を1カ月で出したいと考えるのであれば早歩きを忘れないようにしましょう。

姿勢

ウォーキングは姿勢によっても効果に差が生まれます。

例えば猫背のように丸まった姿勢は悪い姿勢で、そのような姿勢で歩くとウォーキングの効果が薄まってしまうのです。

そこで正しい姿勢で歩く必要があるのです。

背筋はピンと張り、顎を引き遠くを見るようにすると正しい姿勢になります。

姿勢は意識していないといつの間にか悪くなってしまっていたりするものなのです。

ウォーキングするときは1カ月で効果がでるように一度姿勢を見直してみましょう。

腕をしっかり振る

歩くときに誰でも腕は振るかと思いますが、腕の振り方があるのをご存知でしょうか?

腕の動きなんてあんまり関係ないのではないかと思うかもしれませんが、ウォーキングダイエットの効果を早く出すにはとても重要なことです。

腕を振る時は、腕を脇の下あたりのところで直角に曲げてしっかり前後に振るのが正しい振り方となります。

なぜ腕をこのように振るのが良いかと言うと、先ほどお話した正しい姿勢に関係してくるからです。

腕を正しい振り方をすることによって姿勢が自然と良くなります。

良い姿勢を維持するためにも腕の振り方というものはとても重要なんです。

また、リズムよく振ることによって自然と早歩きにもなります。

ちょっとオーバーなくらいの振り方に最初は戸惑うかもしれませんが、続けていれば自然とそれが当たり前になってくるので積極的に腕を振って歩くようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングダイエットは1カ月続けてみたときの効果は人それぞれです。

痩せたことを実感できた人、あまり痩せられなかった人と元々の体型によって差が生まれてしまいます。

しかし、それ以外の行動によっても差が生まれてくるのがウォーキングダイエットです。

1カ月ウォーキングダイエットを続けてしっかり痩せるためにも今回ご紹介したことを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする