食後のウォーキングダイエットの効果とは?注意点やコツを紹介!

ウォーキングはダイエットにおすすめの運動で、脂肪燃焼の効果が期待できます。

最近、体重が気になっている方はウォーキングを始めてみると良いでしょう。

ウォーキングは、食後に行うことでもダイエット効果があります。

食べ過ぎたと感じたときにウォーキングを行えば、脂肪になりにくくなるでしょう。

食後のウォーキングダイエットにより、脂肪燃焼の効果が期待できます。

今回は、ウォーキングダイエットを成功するために、食後のウォーキングの効果や注意点などを紹介します。

ウォーキングは、誰でも気軽に始められる有酸素運動です。

運動不足の方でも無理なく行える運動なので、ダイエットとして積極的に活用しましょう。

食後のウォーキングダイエットの効果!


出典;【保存版】ウォーキングダイエットはじめてガイド 5つのコツ

ウォーキングダイエットは、初心者の方でも始めやすい運動です。

ランニングなどの運動よりも気軽に行えるので、運動不足の方にもおすすめでしょう。

ウォーキングは、食後に行うことでもダイエット効果が期待できます。

食事で糖質を摂りすぎると、脂肪に変わってしまいます。

そこで、食後にウォーキングをすることによって、脂肪になるのを防ぐことができるのです。

食事で摂ったブドウ糖は、余ってしまうと脂肪になってしまいます。

ブドウ糖はエネルギーとして使われるので、食後にウォーキングをすれば余さずに使い切ることができるでしょう。

ブドウ糖を使い切ってしまえば、脂肪がついてしまう心配がなくなります。

食後のウォーキングダイエットは、脂肪がついてしまうのを防ぐ効果が期待できるでしょう。

食後のウォーキングダイエットで、食べ過ぎた糖質をエネルギーとして使い切りるようにします。

糖質を使い切れば、脂肪をエネルギーに変えてくれるので脂肪燃焼の効果も期待できるでしょう。

食後のウォーキングはダイエット効果が高いので、積極的に行ってください。

食後1時間以内にウォーキングしよう!


出典;今日から始めるウォーキングダイエット!【おすすめの距離・時間帯・アプリも紹介】

食後のウォーキングダイエットでは、食後すぐにウォーキングをすることによって脂肪に変わるのを防いでくれます。

具体的には、食後1時間以内を目安にウォーキングをすると良いでしょう。

食事により体内に入った糖質が、ブドウ糖に変わって吸収されるまで60分~90分かかると言われています。

そのため、60分~90分以内にウォーキングをすることによって、ブドウ糖がエネルギーとして使われて脂肪になりにくくなるのです。

ブドウ糖はエネルギーとして使われやすい傾向があるので、ウォーキングによりブドウ糖を使い切ることができるでしょう。

ただし、食べ終わった直後にウォーキングをすると、胃もたれなどの原因になってしまいます。

食後1時間以内であれば問題はないので、食べ終わった直後のウォーキングは避けるようにしましょう。

食後30分~1時間以内に20分以上のウォーキングを行えば、ダイエットの効果が期待できます。

有酸素運動は20分間以上継続することがポイントとなるので、20分間以上のウォーキングを心がけましょう。

食後のウォーキングダイエット注意点


出典;ウォーキングは痩せない?ダイエットに効果的な方法

食後のウォーキングダイエットで注意したいのは、食べ終わった直後に運動をすることにより胃もたれや腹痛を起こしてしまうことです。

食べた食後の運動は、消化不良の原因にもなってしまうので注意しましょう。

消化不良により、代謝が落ちてしまって太りやすくなってしまうこともあります。

ただ痛いだけでなく、ダイエットにも悪影響を及ぼすので注意してください。

食後のウォーキングは1時間以内であれば、十分効果が期待できます。

食後に焦ってウォーキングせずに、少し休憩を入れるようにしましょう。

食後のウォーキングでの腹痛は、モチベーションの低下にも繋がります。

お腹が痛いと上手く歩けずに、ウォーキングをすぐにやめてしまいがちです。

痛いのに無理して歩く必要はありませんが、ウォーキングダイエットの継続が困難になってしまうでしょう。

ウォーキングダイエットでは、とにかく継続することが一番大切です。

三日坊主で終わってしまっては、脂肪が燃焼されることはありません。

ウォーキングを継続するためにも、モチベーションの維持は重要です。

食後のウォーキングを成功させるために、無理のないウォーキングを心がけてください。

スポンサーリンク

食後のウォーキングダイエット効果を高めるコツ


出典;Maco式ダイエットメソッド

食後のウォーキングダイエットの効果を高めたいなら、歩き方も工夫すると良いでしょう。

ウォーキングでは何も考えずに歩くよりも、歩き方を工夫することによって脂肪燃焼の効果が高まります。

脂肪燃焼の効果を高めるなら、歩く姿勢を正しくしましょう。

ウォーキングでは、背筋を伸ばすことが最も大切です。

背筋を真っ直ぐ伸ばして歩くことで、気になるウエストの脂肪燃焼にも繋がるでしょう。

そして、歩幅は少し大きめに歩くようにしてください。

歩幅を大きくすることによって、太ももやふくらはぎの筋肉がしっかりと使われます。

気になる下半身を引き締める効果が期待できるでしょう。

また、歩幅を大きくすると全身をしっかりと使った歩き方となるので、ダイエット効果が高まります。

ウォーキングで下半身の筋肉がついて、足が太くなるということを心配する方多いでしょう。

しかし、ウォーキング程度の有酸素運動で、筋肉がムキムキになることはありません。

むしろ、引き締まった下半身となるので、積極的にウォーキングをして大丈夫です。

正しいウォーキング姿勢を保つことによって、ダイエット効果も高まるので上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングはダイエットに有効な有酸素運動で、食後に行うことでもダイエット効果が期待できます。

食後60分~90分で体内に入った糖質が、ブドウ糖に変わって吸収されます。

そのため、食後1時間以内にウォーキングをすれば、ブドウ糖が使われて脂肪になりにくくなるでしょう。

食べ終わった直後の運動は、消化不良の原因になるので注意が必要です。

食後1時間以内のウォーキングであれば効果が期待できるので、食べ終わった30分後ぐらいからウォーキングをする方が良いでしょう。

食後のウォーキング効果を高めるなら、背筋を真っ直ぐに伸ばして歩幅を大きくするように歩いてください。

ウォーキングダイエットでは歩く姿勢も重要なので、良い姿勢を保ちながらウォーキングを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする