40代必見!ダイエットに効果的な5つのウォーキング方法とは?

ダイエットでウォーキングを始めたけど若い頃のようにすぐ体重が落ちない。

徐々に代謝が落ちてくるので、若い頃のようにただ歩いているだけで痩せるのは難しいですよね。

実際、年齢を重ねるほど運動量や食事に気を使わないといけません。

今回は40代に効果的なウォーキングダイエット方法と、普段からできる痩せる歩き方を紹介していきたいと思います。

40代必見!ダイエットに効果的な5つのウォーキング方法

40代ではダイエットするとなると、ただ体を動かすだけでは痩せなくなってきます。

そんな40代の方におすすめなウォーキングダイエット方法はこれです。

・最低20分以上歩く

・ウォーキング前に筋トレをする

・速いスピードとゆっくりなスピードを混ぜる

・食後すぐ運動するようにする

・プールでウォーキングする

最低20分以上歩く

ウォーキングは脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変えて行う運動です。

一般的には有酸素運動と言われていますよね。

この有酸素運動では脂肪や糖質を燃焼しだすのに時間がかかると言われています。

そしてその時間が20分なんです。

ですので最低20分はウォーキングをしないと効果がでません。

無理はしない程度に、でもまず20分はウォーキングを始めてみてくださいね。

ウォーキング前に筋トレをする

ウォーキングをする前に軽く筋トレを行うとさらに燃焼効果が高まります。

最初に筋トレをしておくことで脂肪と糖質をエネルギーに変えるスイッチが入り、歩き始めてすぐに脂肪燃焼が行われやすくなります。

筋トレは腹筋・背筋・腕立てを10回ほどをまずしてみましょう。

少し息切れするくらいの量がおすすめです。

慣れてきたらどんどん量を増やしていきましょう。

速いスピードとゆっくりなスピードを混ぜる

タバタ式トレーニングというものを知っていますか?

これは20秒間運動をして、10秒休むを8セット繰り返すという運動方法なんです。

基本的に運動は筋肉を使うものであればなんでもOKです。

ウォーキングではまず20秒間息が切れるくらい歩きます。

そして次にゆっくり息を整えるつもりで10秒歩きます。

これを8セット繰り返します。

この運動は運動不足だけではなく、生活習慣病も予防できると話題なんです。

それに4分しかしないのに効果は絶大という評価もあります。

ぜひ試してみてくださいね。

食後すぐ運動するようにする

「食べた後はゆっくりしておくのが良い」という言葉。

実は最近になってダイエットには向かないということが分かってきました。

食事をすると食べたものを体が吸収し始めます。

なので、吸収しだす前に運動をしてカロリーを使ってしまうことが大切だったんです。

一度吸収されて脂肪に変わってしまったものは中々落ちません。

食べたあとはすぐに動く、ウォーキングするということをまず意識してみてください。

この時に意識したいのは食べた後20分以内に運動を始める事です。

食事は胃の中に入ってから約20分後くらいから吸収されはじます。

もし夜の食事量が一番多いなら、夜にウォーキングをする方がカロリーの吸収量が少なくなるということになりますね。

プールでウォーキングする

プールでは浮力が働くので体の重さは約3割になります。

なので膝にも負担をかける事が少ない運動方法とも言えます。

水の中では抵抗があるため少し動くだけでもかなりのカロリーを消費します。

さらに温水プールではなく、冷たいものだと体を温めるために消費カロリーがさらに増えます。

普段運動不足で膝への負担が気になる方はまずプールでウォーキングを始めてみるのがおすすめですよ。

さらにこれらと合わせてぜひやってみてほしいのが、普段のウォーキングでの歩き方です。

ぜひ痩せる歩き方をしてダイエット効果を上げていきましょう!

普段から出来る!3つの痩せる歩き方を取り入れよう!

代謝が落ちてくるとただ歩いているだけでは中々痩せなくなってきてしまいますよね。

先ほど紹介したものはもちろん、今から紹介するものも普段の歩き方からぜひ取り入れてみてください。

これなら別にウォーキングだけではなく普段家の中にいてもできるのでダイエットの貯金をどんどん積み重ねましょう。

そんな普段からできるダイエットウォーキング方法はこちらです。

・正しい姿勢で歩く

・静かに歩く

・大股・速足で歩く

スポンサーリンク

正しい姿勢で歩く

歩くときに猫背になっていませんか?

普段の歩き方を変えるだけで消費カロリーはかなり変わってきます。

正しい姿勢はまず目線は数メートル先を見るようにします。

そして肩をぐるっと回しておろした形をキープし歩き続けます。

こうすることで腹筋が鍛えられるので、ただ歩いているだけなのに消費カロリーは増えたということが日常的に行えるようになります。

まさにちりも積もれば山となるですね。

静かに歩く

歩くときに飛び跳ねたような感じになってしまっていませんか?

自分では分かりにくいので、他の人にみてもらうのが良いと思います。

もし飛び跳ねるように歩いている方は体の重心を動かさないイメージ、前に自分がスライドするイメージで歩いてみてください。

正しいウォーキングでは頭の位置はずっと同じです。

下がったり左右に揺れているなと感じる場合は、頭を上から吊るされているようなイメージで歩くといいですよ!

大股・速足で歩く

普段の買い物、ショッピング、家の中、仕事、普段の何気ない動きを大股で行うようにしましょう。

ある実験では普通に歩いている人よりも大股で歩いている人の方が約2倍以上のカロリーを消費しているという結果も出ています。

これはもうやるしかないですよね!

さらに大股になることでむくみ・便秘の解消、太ももが引き締るなどの嬉しい効果もついてきます。

そして大股で歩くと自然と速度も速くなります。

歩く速度が速くなることもダイエット効果があるんです。

激しく動くので血流も良くなりむくみが減り、さらに基礎代謝も上がります。

ですのでぜひ大股&速足を意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

効果的なウォーキングダイエット5つ

・最低20分以上歩く

・ウォーキング前に筋トレをする

・速いスピードとゆっくりなスピードを混ぜる

・食後すぐ運動するようにする

・プールでウォーキングする

普段からできる痩せる歩き方3つ

・正しい姿勢で歩く

・静かに歩く

・大股・速足で歩く

代謝が落ちてダイエットの効果が出にくくなるとやる気が起きなくなりますよね。

でも一番大切なのはコツコツ地道に続けることと、細かい動きを多くして普段から消費カロリーの貯蓄をしておくことです!

そして運動プラス普段の食事、睡眠、ストレスなどにも気を付けてみてくださいね。

40代でも綺麗な体を手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする