ウォーキングダイエットの効果を高める4つのポイントとは?

体重を落としたいなら、ウォーキングがおすすめです。

ウォーキングは、脂肪燃焼の効果がある有酸素運動だからです。

靴さえあれば気軽に始められるので、初心者の方にもおすすめできるダイエット方法でしょう。

ウォーキングダイエットは、継続すれば誰でも痩せられます。

しかし、何も考えずにウォーキングダイエットをしていては効率が悪いでしょう。

ウォーキングダイエットの効果を高めるために、工夫することも大切です。

今回は、ウォーキングダイエットをより効率的に行うために、効果を高めるポイントについて説明します。

ウォーキングで痩せるためのコツを紹介するので、参考にしてみてください。

ウォーキングダイエットの効果を高めて、ダイエットを成功させましょう。

ウォーキングダイエットの効果を高める4つのポイント

それではウォーキングダイエットの効果を高めるためのポイントを4つ紹介させていただきます。

正しい歩き方を身に付ける

ウォーキングは、ダイエットに効果がある有酸素運動です。

継続的に歩くことで、脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。

ウォーキングダイエットの効果を高めるためには、正しい歩き方をマスターする必要があります。

歩く姿勢が悪いと、ウォーキングダイエットの効果も低くなるでしょう。

ウォーキングダイエットで効果を高める歩き方として、最初に意識するのは姿勢です。

背筋を真っ直ぐに伸ばした姿勢を心がけて、ウォーキングを行いましょう。

そのため、視線を足元よりも少し先にするようにします。

先の方を見ることによって、正しい姿勢を保つことができるでしょう。

また、歩幅を少し大きめにすることで、ダイエット効果が高まります。

歩幅が大きいと太ももやふくらはぎの筋肉に負荷がかかります。

負荷がかかることによって、下半身のシェイプアップが期待できるでしょう。

ウォーキングダイエットでの歩くペースは、多少速めを意識したほうが効果が高まります。

ゆっくりと歩くと心拍数が上がらないので、脂肪燃焼効果が低くなります。

少し速めのペースを意識しながら、ウォーキングダイエットに挑戦してみましょう。

歩くスピードに変化をつける

ウォーキングダイエットの効果を高める方法には、歩くスピードを変えるという方法もあります。

歩くスピードと速くしたり、遅くしたりすることによって、身体への負荷も大きくなります。

これは、様々なスポーツで行われるインターバルトレーニングと同じでしょう。

高負荷と低負荷を繰り返すことによって、身体への負荷も大きくなるので効率良く鍛えられます。

少しきついと感じるぐらいのスピードで歩くのと、ゆっくりリラックスして歩くのを繰り返してください。

これにより、普段のウォーキングより身体への負荷も大きくなるので、ダイエット効果が高まります。

気軽に行えるウォーキング方法なので、効果を高めたい方は試してみると良いでしょう。

ウォーキングダイエットは、脂肪燃焼に効果があるだけでなく、心肺機能も鍛えられます。

心肺機能が鍛えられると、歩ける距離も延びてくるでしょう。

長く歩けるようになれば、さらにダイエット効果も高まります。

歩くスピードに変化をつけることで、心肺機能も鍛えられるので上手く活用しましょう。

筋トレで基礎代謝を上げよう

ウォーキングダイエットは、脂肪燃焼効果があるのでダイエットに有効です。

ウォーキングダイエットを始めて、順調に体重が落ちているという方も多いでしょう。

ただし、中には順調に体重が落ちていたのに、落ちなくなったと感じている方もいるはずです。

そのような場合におすすめしたいのが、筋トレです。

体重が落ちてくると基礎代謝も落ちてしまい、一日の消費カロリーが減ってしまいます。

そのため、痩せるにつれて、体重が落ちにくくなるのです。

ところが、筋トレによって筋肉がつくと、基礎代謝がアップします。

落ちた基礎代謝を戻すことができるので、一日の消費カロリーを増やすことができるでしょう。

一日の消費カロリーが増えれば、またウォーキングダイエットで体重が減るようになります。

ウォーキングダイエットの効果をさらに高めてくれるので、筋トレもおすすめです。

ウォーキングの初心者の方の場合は、長時間歩くのに必要な筋肉が不足していることもあるでしょう。

筋トレは、不足している筋肉を補うという意味でも効果的です。

太ももやふくらはぎといった下半身を中心に筋トレをしてみましょう。

スポンサーリンク

栄養バランスの良い食事を摂る

ウォーキングダイエットの効果を高めたいなら、食事にも気を配る必要があります。

食事はダイエットとの関係が深いので、疎かにはできません。

ウォーキングダイエットの効果を高めるために、タンパク質やビタミンB群の栄養を摂取するようにしましょう。

タンパク質は、筋肉の修復に必要な栄養素です。

長時間歩くことによって傷ついた筋肉を修復するために、タンパク質は必要不可欠でしょう。

さらに、ビタミンB群は代謝を上げる役割があります。

ビタミンBを多く含むのは、豚肉やうなぎ、レバーなどです。

豚肉などの肉類を食べるときは、脂身を落とすようにしてください。

ウォーキングダイエットでは、油の多い食事を摂っているとダイエット効果が低くなります。

食事を制限する必要はありませんが、油の多い食事は避けてください。

栄養バランスの良い食事が、ウォーキングダイエットを成功させる秘訣です。

栄養バランスが偏ることのないように注意してください。

ときには、サプリメントで栄養を補助するのも良いでしょう。

ウォーキングダイエットを成功させるために、上手に活用してください。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングダイエットを成功させるためには、いくつかのポイントがあります。

効果を高めるために、歩く姿勢を正しくする必要があるでしょう。

背筋を真っ直ぐに伸ばして、良い姿勢を保ってください。

歩幅を少し大きめのすることで、下半身の引き締めにも役立ちます。

さらに、歩くスピードにも変化をつけることで、ダイエット効果だけでなく心肺機能向上も期待できるでしょう。

タンパク質やビタミンB群など、ウォーキングダイエットに必要な栄養素はたくさんあります。

ウォーキングダイエットを成功させるために、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

ダイエット効果を高めるために、歩き方や食事などを工夫してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする