ウォーキングダイエット中の食事方法とは?2つの注意点を紹介!

日々のトレーニングメニューを考え、毎日の習慣でウォーキングダイエットに励んでいる人も多いと思います。

劇的ではないにしろ、少しづつ効果を感じる人もいるのではないでしょうか?

でも、もう少しダイエットの効果を上げていきたいですよね?

そう思った時に、次に考えていきたいのが食事です。

今回は、ウォーキングダイエット中の食事について、その食事方法や注意点などをお話していきます。

ウォーキングダイエット中の食事方法はどうする?

ウォーキングダイエットの効果をさらに大きくするために、食事はどうすればいいのでしょうか?

ここでは、ウォーキングダイエット中の食事の方法についてお話していきます。

三食摂るようにする

ダイエット中ということもあり、食事を抜いてしまう人も多くいると思います。

実はこれではダイエットの効果が薄くなってしまうことをご存知でしょうか?

ウォーキングダイエットを成功させるために重要になってくるのが、一日の生活の中で自然に消費するエネルギーの基礎代謝を高くするということです。

基礎代謝は、体内の筋肉量と比例して高くなるといわれています。

基礎代謝を高めることが重要であるのに、三食のどれかを抜いてしまうと、体の中のエネルギーが不足してきてしまいます。

そうすると体は筋肉をエネルギーに変換して吸収してしまうので、筋肉量が減り基礎代謝が高くなりにくく、ダイエット効果も薄くなってきてしまいます。

三食取るようにすることは、ウォーキングダイエット中にも非常に重要なとではありますが、栄養のバランスは考えながら食事をするように心がけていきましょう。

炭水化物は抜かない

ダイエットをする時によく聞く、「炭水化物抜き」という言葉。

ウォーキングダイエットの最中には、あまりおすすめできません。

先程もお話したとおり、ウォーキングダイエットを成功させるためには、筋肉を付けて基礎代謝を上げることが重要です。

筋肉は、炭水化物を含めてしっかり食事を摂ることで効率よく体に付いていきます。

ですから、炭水化物を抜いた食事を摂り続けてしまうと、筋肉量が減っていってしまうだけではなく、筋肉が体についていない状態で食事を摂ってしまうと、脂肪が多くついてしまうので、逆に太っていってしまう危険もあります。

食事を摂るタイミングを考える

ここまでウォーキングダイエット中であっても、三食きちんと摂るということや、筋肉ために炭水化物は抜かないなど、効果的な食事の方法をお話してきました。

ただ、食事のタイミングは考えながらする必要があります。

では、いつ食事を摂るのがいいのでしょうか?

答えは、ウォーキングの前後は避けるということです。

ウォーキングの直前に食事をしてしまうと、体は食事から得たカロリーを消費するために活動してしまい、ダイエットの効果がなくなってしまいます。

また、ウォーキング直後の食事は、カロリーの吸収力が高くなっているので、必要以上にカロリーを吸収してしまい、太りやすくなってしまいます。

それらのことから、ウォーキングダイエットの最中の食事は、ウォーキングの前後1時間は摂らないようにすることをオススメします。

ウォーキングダイエット中の注意点2つ

ここまでお話してきた食事法などを実践することで、ウォーキングダイエットにより良い効果を得られると思います。

それら食事法は、ダイエットをする人にとってプラスになることが多いのですが、注意しなければいけないこともあります。

ここからは、そんなウォーキングダイエット中の食事で注意しなければならないことについてお話していきます。

スポンサーリンク

食べすぎないようにする

これまでのお話で、ウォーキングダイエットの最中は、基礎代謝を上げていくために筋肉を付ける必要がり、三食きちんと摂ることや、炭水化物を抜かないというお話をしてきました。

食事をきちんと摂るということはとても大切なことですが、ここで注意も必要です。

それが、食べすぎないということです。

ウォーキングダイエットの最中の食事は、前述した理由からボクサーなどの減量とは違い、あまり節制する必要はありません。

ただ、だからといって食べすぎてしまうとやはり太ってしまいます。

また、ウォーキングをしていると体全体を使いエネルギーを多く消費することから、空腹感を感じやすくなって来ます。

その空腹感のままに食べてしまうと、太ってしまうので注意が必要です。

三食きちんと取る中でも、量などのバランスを考えて食事をするようにしましょう。

カロリーに気をつける

食べる量を注意した次に木にしたいことといえば、カロリーです。

ウォーキングダイエットでは、量を気にしながらとはいえ、炭水化物も摂りますし、三食きちんと食べます。

その食事の中で炭水化物を多く摂りすぎてしまったり、ハイカロリーな揚げ物などをたくさん食べてしまうと、摂取カロリーが増えすぎてしまい、ウォーキングでは消費しきれなくなってしまいます。

消費できるエネルギーであれば、基礎代謝を上げてさらにウォーキングにより、消費カロリーの増加を望めますが、消費しきれないカロリーは、体内に蓄積されて脂肪に変わってしまいます。

そうなることを防ぐために、三食きちんと摂る中で炭水化物の量や栄養バランスを考えてローカロリーで高タンパクな食事メニューを組むことが必要になります。

成人の1日の必要摂取カロリーは、男性2600kcal程度、女性2000kcal程度ですので、この数値よりも少し低めに設定してカロリーコントロールをしていくことで、ウォーキングダイエットの最中でも太ることはなく、よりダイエットの効果も上がってくるといえます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ウォーキングダイエット中の食事の食事方法や注意点についてお話してきました。

今回のお話で、ウォーキングダイエット中であっても食事は三食摂るということや、炭水化物は抜かないなど、今まで経験したダイエット中には考えられない事多く、驚かれた方も多かったのではないでしょうか?

ただ、体やダイエットの仕組みを知ることで、なぜそうしなければいけないかということもお分かりいただけたかと思います。

ダイエットをする上で、その知るということが、成功への最大の近道になります。

今回のお話を少しでも参考にしていただいて、体やダイエットの仕組みを知りながら、失敗のないウォーキングダイエットをするようにしていってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする