ウォーキングダイエットの停滞期を乗り越える方法を紹介!

ダイエットをしたことがある方なら、誰もが経験する「停滞期」。

「全然体重が減らない。」「ダイエットの仕方が間違っているのだろうか?」

そんなネガティブな気持ちになってしまいます。

停滞期にモチベーションが維持できずにダイエットを諦めたり、やめてしまうのはよくある話。

でも、停滞期をきちんと理解し、正しく対処すればそれも怖くありません。

せっかくはじめたウォーキングダイエット!

停滞期に負けず、乗り越える方法をご紹介します。

そもそも停滞期とは?ダイエット中にやってくる停滞期を知ろう!

そもそも停滞期とはなんでしょう?

体重が減らなくなる時期?そのとおりです。

元々、人間の身体には「危機管理システム」(ホメオスタシス)が備わっています。

例えば、暑い日は汗をかいて体温を下げようとしたり、逆に寒いと身体を震わせて体温を上げようとするような機能のことです。

ダイエット中にやってくる停滞期もそのひとつです。

体重がどんどん落ちると、ホメオスタシスが身体の危機を察知し、これ以上体重が減らないようにコントロールしはじめます。

ホメオスタシスが発動すると、食物からのエネルギーの吸収率を高め、体内のエネルギーの消費量を抑えます。

発動するタイミングは人それぞれですが、ダイエット開始から約1ヶ月後、または1ヶ月以内に体重が5%以上減少したときのようです。

さあ、こうなったら停滞期の到来です。

でも、これは身体の機能が正常に働いているということです。

自身の生命を維持するための、大切な機能ですからご安心ください。

ウォーキングダイエットでは、まず歩くための筋肉がつきます。

そのため、人によっては初期段階で体重が増加してしまいます。

でも、そこから先は筋肉のおかげで体内の脂肪が燃焼され、少しずつぜい肉も減っていくことでしょう。

ウォーキングダイエットは、比較的緩やかに体重減少していくものです。

それでもやはり停滞期はやってきます。

では、停滞期はいつまで続くのでしょう?

短い方だと1ヶ月、人によっては2ヶ月程度続きます。

ホメオスタシスが解除されるのは、身体の安全が確認できたときです。

今のエネルギー摂取量と消費量が、通常であると認識してくれれば、ホメオスタシス解除となります。

解除されれば停滞期も終わり、また体重が徐々に減っていきます。

チートデイを設定!ダイエット中なのに食べてもいいの?

停滞期にはホメオスタシスが機能して、エネルギーの消費量が抑えられます。

では、ホメオスタシスが機能する前に、対処することはできないのでしょうか?

ホメオスタシスは、摂取エネルギーより消費エネルギーが上回る期間が長いと反応してしまいます。

この反応を回避するためには、摂取エネルギーを一時的に多くする必要があります。

その摂取エネルギーを一時的に多くする日を「チートデイ」と言います。

チートデイには、通常の約2倍程度のカロリーを取っても構いません。

週に1日を目安に設定し、その日は自分の好きなものを食べられる日です。

でも、チートデイの後は体重が増加するということは承知しておいてくださいね!

あと、この方法は普段から、エネルギー消費量が摂取量を上回っていることが絶対条件です。

チートデイだからと言って、ジャンクフードやケーキをドカ食いするのもいけません。

チートデイには、バランスの良い食事に併せて、炭水化物を多めに摂るよう心掛けましょう。

また、脂質や糖質の摂取は、ほどほどにしましょう。

ただ、チートデイは人によってはやらない方がいい場合もあります。

安易にチートデイを取り入れ間違ったやり方をすると、ダイエットどころかリバウンドしてしまう可能性があります。

日頃からカロリー計算をして、パーソナルトレーナーに見てもらうなど、正しく行う必要があります。

スポンサーリンク


ウォーキングダイエットの停滞期を乗り越える方法とは?

では、チートデイを使わずして停滞期を乗り越える方法はあるのでしょうか?

それには「忍耐」が必要だと思ってしまう方もいるかもしれません。

でも実のところ、「忍耐」は必要ありません。

「忍耐」の代わりに「知識」があれば何も怖くありません。

自分の身体に何が起こっているのかがわかっていれば、停滞期はダイエット成功への道しるべだと理解できるからです。

前述しているとおり、停滞期というのは身体の危険を察知して体重減少を制限する、身体の正常な機能なのです。

ホメオスタシスが、体重の減少は危険なことではないと判断してくれるまで、継続して頑張りましょう!

体重が減らなくなってきたら、落ち着いて「ああ、ホメオスタシスだわ」と認識しましょう。

焦らず慌てないことが大切です。

停滞期には、気分転換をしてみるのも良いでしょう。

試しにウォーキングのルートを変えてみましょう。

音楽を聴きながらウォーキングをしている方は、曲のジャンルを変えてみたりしてください。

体重が減らないことに焦るよりも、ウォーキングを楽しむことが一番大切です。

ウォーキング中に店舗のショーウインドウなどを使って、ウォーキングのフォームを確認してみましょう。

背筋は伸びていますか?歩幅が小さくなっていませんか?

腕はちゃんと振って、踵から着地できていますか?

自分を見つめ直す良い時間です。

ウォーキングのペースを少し上げてみても良いかもしれません。

心拍数が上がれば、自然と気持ちも上向きになります。

そして、食事はどうでしょうか?

しっかりバランスのとれたものを食べていますか?

タンパク質や食物繊維・ビタミン類、ミネラルの補給は重要です。

炭水化物もエネルギーの元となりますので、制限する場合はしっかり調べたうえで行いましょう。

ウォーキングのフォームやペース、食事などを見直しながら、これまでどおり歩き続けましょう。

スポンサーリンク


停滞期も変わらずウォーキングを!続けることで乗り越えられる!

停滞期は、永遠に続くわけではありません!

停滞期は、身体のエコモードの時期です。

またエンジンがかかる時がくるまで、これまでどおり歩き続けましょう。

「体重が減らなくなった。」「効果がでない。」とあまり考えないことです。

どうやったら楽しんで、ウォーキングダイエットができるか考えてみましょう。

新しい音楽を聴いてみる。

新しい道を歩いてみる。

そうすれば、また新しい発見があります。

停滞期をネガティブに考えるのではなく、「私の身体は正常だ!」と前向きに捉えましょう。

ウォーキングダイエットと併せて、生活習慣を見直す良いきっかけです。

あなたがこれまで歩いてきたことは、絶対無駄にはなりません。

少しづつではあるけれど、必ず身体が答えを出してくれる日がきます。

その日を信じて、これからもウォーキングダイエット、続けてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする