ウォーキングでのダイエット効果はいつから現れる?効果を出す3つのポイント

ダイエットをしたいと考えてウォーキングを始めた方はいらっしゃるでしょうか?

ウォーキングは気軽に取りくみやすい運動として男女問わず人気な運動です。

そんなウォーキングダイエットですが、いつから効果が現れるのかご存知でしょうか?

ウォーキングは即効性のあるダイエットでは無いので効果が出てくるまで時間がかかります。

そうは言ってもいつになったら効果が現れるのか気になってしょうがないですよね。

そこでこれからウォーキングダイエットの効果がいつから現れるのかご紹介したいと思います。

ウォーキングダイエットの効果はいつから現れる?

ウォーキングダイエットの効果は先ほども少しお話したようにすぐに出るものではありません。

具体的にどの程度かと言うと、1カ月でだいたい1kg痩せる程度です。

そのため実際に痩せるのには1カ月はかかると考えましょう。

ちなみにこれは毎日7kmのウォーキングをした場合の効果です。

つまり、例えば3kg痩せたいと考えるのであればだいたい3カ月程かかります。

とはいえ1カ月では1kgなので、体重を計るまでもなく痩せたと実感するまでは半年以上はかかると考えた方が良いでしょう。

このようにウォーキングは極めてゆっくりと効果がでてくるものなので、「ウォーキングを毎日続けているけれどなかなか効果が出ない」と考えて途中であきらめてしまう人もいらっしゃるでしょう。

しかし、それは非常にもったいないことなので、毎月1kgは痩せていくことを覚えておきましょう。

緩やかに痩せるメリット

ウォーキングダイエットの効果は思っていたよりも少ないと感じたでしょう。

1か月に1kgでは目標の体重になるまで何カ月もかかってしまうではないかと歯がゆい気持ちになるかと思います。

しかし、即効性が無いというのはデメリットでしかないように感じますが、メリットもいくつかあるものです。

ウォーキングのモチベーションを上げるためにもメリットを覚えておきましょう。

リバウンドをしない

即効性のあるダイエットというのは短期間で効果が出る素晴らしいものです。

1~2カ月もすれば体重を計らなくても痩せたことを実感できます。

しかし、そういったダイエットはリバウンドをする可能性がとても高いものです。

それまでの反動で食べ物をいっぱい食べてしまい再び元の体重に戻ってしまうどころか、以前よりも太ってしまう可能性があります。

そのリバウンドの心配がウォーキングダイエットにはありません。

緩やかに痩せていくことによって、無理なく痩せられるのでリバウンドすることが無いのです。

健康被害が無い

即効性のあるダイエットというのは過度な食事制限を設ける必要があります。

その結果栄養不足になり健康被害を被る恐れや、美容にダメージが来る可能性があるんです。

そういった健康被害はウォーキングでのんびりダイエットしていればありません。

もちろん間食や食べすぎは控えるなどのある程度の食事制限などをする必要はありますが、無理の無い範囲の食事制限で問題無いのがウォーキングダイエットです。

ダイエットによって体を壊してしまっては元も子もありません。

無理なく健康的に痩せられるのがウォーキングダイエットの魅力とも言えます。

効果をしっかり出すための3つのポイント

ウォーキングダイエットはゆっくり痩せていくものだということはご理解いただけたかと思います。

しかし、ダイエット効果をしっかり出すためには正しいウォーキングをする必要があります。

「なかなか痩せているのを実感できないけどすぐに痩せるものじゃないし」と思っていると実は間違った方法でウォーキングをしていて効果が出ていないだけの可能性もあります。

正しいウォーキング方法を身につけてダイエット効果をしっかり出しましょう。

スポンサーリンク

距離

これは先ほどもお話したように1日7kmです。

これよりも短い距離だとダイエットの効果が薄くなってしまいます。

そのため毎日7kmは必ず歩くようにしましょう。

余裕があればもう少し距離を伸ばしてみるとさらに効果的になります。

ただし、距離を伸ばすとしても無理の無い範囲で行うようにしましょう。

歩くスピード

ウォーキングをするときにいつもと同じように歩いてはいないでしょうか?

実はそれだとウォーキングの効果を満足に引き出すことができないのです。

ウォーキングをダイエットとして行うのであれば、普段よりも早く歩く必要があります。

だいたい時速6~9kmくらいの早歩きが効果的ですね。

しかし、運動不足の人がいきなり早めに歩くのは少しキツイでしょう。

そこで毎日のウォーキングで除所にスピードを上げられるようにがんばってみてください。

無酸素運動を取り入れる

ウォーキングが有酸素運動だということはご存じかと思われます。

しかし、実は有酸素運動だけで痩せることは難しいんです。

それではどうすれば良いのかと言うと、ウォーキングにプラスして無酸素運動を取り入れれば良いのです。

有酸素運動と無酸素運動を両立することで効果的なダイエットとすることができます。

それでは無酸素運動とはなんなのか、イマイチどんな運動か思いつきませんよね。

無酸素運動で代表的なものは筋トレです。

そのためウォーキング前に軽く筋トレをすると良いでしょう。

また、無酸素運動は何も筋トレに限定したものではありません。

そのためウォーキングを無酸素運動にすることもできます。

どういうことかと言うと、日々のウォーキングに急な坂道や階段のあるコースを歩いてみるようにしてみてください。

坂道や階段を上ると自然と無酸素運動になるんです。

無酸素運動を取り入れる頻度は、1時間ウォーキングするとしたらそのうち15分くらいです。

そして1回で15分の無酸素運動をするのではなく、一定の間隔で5分ずつ行うのが効果的になります。

階段のある公園などがこの無酸素運動を行いやすいので、近所にちょうど良い公園が無いか探してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングダイエットはすぐに効果がでるものではないので長い目で見る必要があります。

1カ月ウォーキングをしてやっと1kg痩せることができるので、目標の体重まで痩せるのにはかなりの期間を必要とします。

しかし、そのぶん他のダイエットと違い無理なく痩せることができるので、すぐに痩せられないからと諦めずに継続してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする