毎朝ウォーキングを続ければ痩せる?朝ウォーキングの効果や注意点とは?

出典;電気代の安い時間帯って、いつ?料金プランと電気代節約術のご紹介

みなさんは一日のどの時間帯でウォーキングを行っていますか。

もちろん人それぞれに生活のリズムがあり、朝早くから出勤しなければならない方や、家族のお弁当を作らなければならない方、逆に朝はゆっくりで帰りが遅い方などさまざまだと思います。

私の個人的な意見としては朝のウォーキングはしっかりと目を覚まさせてくれるので、一日の活力を生むうえでとても効果的であると思います。

加えてみなさんはどれほどの頻度でウォーキングをされているのでしょうか。

毎朝している人、週に1回は休みを取る人、さまざまかと思います。

私の周りでは習慣として毎朝行っている人の方が多い印象を受けますね。

でも毎日するのは効果的なの?

たまには休みを取ったほうがいいんじゃないの?

こんな風に思う方もいるかと思います。

そこで今回は、毎朝のウォーキングを続けていくことで実際に痩せることはできるのかどうかについてまとめていきたいと思います。

朝ウォーキングのもつ良い点

そもそも朝ウォーキングには具体的にどのようなプラスポイントがあるのでしょうか。

少し専門的な話も交えながらまとめて説明していきます。

コルチゾールの分泌

出典;コルチゾールは就寝中に脂肪を燃焼させる

みなさん、コルチゾールとはご存知でしょうか。

コルチゾールとはホルモンのひとつです。

厳密に言うと副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンで、糖、脂質、タンパク質の代謝や血圧の調節に関与します。

コルチゾールはストレスを受けると分泌量が増え、心拍数の増加や体温・血圧・血糖値の上昇を促し、生体防御機構を活性化させる性質があります。

簡単にまとめるとコルチゾールはストレスから体を守ろうとする働きがあるのです。

人体にとっては必要不可欠なものであり、非常に重要な役割を担っています。

しかし、それゆえに過剰に分泌されることにより、食欲を増加させたり、インスリンを過剰に分泌させて脂肪の蓄積を促進したり、成長ホルモンの分泌を抑制して筋肉作りに悪影響を及ぼし、代謝の悪い体質にしてしまい痩せにくくしてしまうことがあります。

朝の時間帯はこのコルチゾールの分泌が比較的低いと言われています。

逆に夜の運動だと分泌されやすいです。

一般的に夜の12時がピークとされており、ダイエットを目的にウォーキングされている方にとっては最も悪い時間帯といえるでしょう。

一日の活力を生む

これは少し個人的な意見になってしまうのですが、朝ウォーキングをするということは早寝早起きの習慣がつくということです。

朝ウォーキングをしてから仕事に向かうのと、起きて何もせずに仕事に向かうのとでは体の面ではもちろん、気持ちの面でも全く違います。

朝ウォーキングをすることは健康的な生活リズムを手に入れられることに加え、しっかりと身も心も目覚めさせてくれるという効果があります。

安全面

比較的夜やその他の時間に比べ、朝の方が安全にウォーキングできます。

夕方以降は交通量も増えますし、ましてや夜遅くの運動は効果どうこうの前に危ないです。

視界も悪くなりますし、今の世の中どういう人がいるのかわかりません。

安全面から考慮したら朝ウォーキングが最もよいでしょう。

朝ウォーキングで注意する点

朝ウォーキングをするにあたり、注意してほしい点がいくつかあります。

ケガのリスク

十分に注意して行えば特に問題のないことなのですが、朝の運動は目覚めて時間が間もないこともあり、比較的夜の運動に比べてケガのリスクが高くなります。

夜に比べ朝は体温が低いです。

筋肉も固まっており、運動前にほぐしてあげる必要があります。

しかしウォーキングは激しい運動ではないので、そこまで気にする必要はないと個人的には考えていますが、しっかりと準備運動ストレッチを行ってから行うのがベストでしょう。

スポンサーリンク

低血糖

出典;低血糖になったらどうする?

これも上のケガの話と関連していますが、朝は血糖値が夜に比べて低いです。

朝の運動により低血糖で倒れてしまうという事例は多々あります。

それを防ぐためにもしっかりと朝食をとり、エネルギー補給をしてから運動するようにしましょう。

運動は空腹時の方が効果があると言われていますが、朝に限ってはリスクの方が上回るのできっちりと朝食は忘れないようにしましょう。

まぁこの件に関しても上述したことに同様で、ウォーキング程の運動でしたらそこまで過敏になる必要はないと思います。

毎朝するのが効果的であるか?

ここまで朝ウォーキングの持つ効果について説明してきましたが、ここからが本題です。

毎日行う必要があるのか?

毎朝続けることで痩せることはできるのか?

ということでしたが、ズバリ、毎朝行ってください。

そして継続していれば必ず痩せることはできます

朝ウォーキングの効果をみれば当然のことです。

正直、週に1,2回休んだとしてもそこまで大きな変化は体にはありません。

ただここで重要になってくることは習慣をつけるということです。

加えて、ウォーキングほどの運動はその他の激しい筋力トレーニングと違って休息日を設ける必要はありません。

これらを考慮すると毎朝行うことが生活リズムを整え、より効果的にウォーキングのもつ効果を引き出してくれることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、毎朝のウォーキングを続けていくことで実際に痩せることはできるのかどうかについてお話させていただきました。

朝ウォーキングは他の時間帯に比べいくつかいい点を持っています。

それは、コルチゾールの分泌量が比較的少ないこと、身も心も目覚めさせてくれ一日の活力を生むこと、安全にウォーキングを行えることです。

逆に注意しなければならないこともあります。

ケガ、低血糖のリスクがあることです。

しかしながらこれに関してはウォーキングの運動強度自体が低いことと、準備運動としっかりとして朝ごはんを食べてから運動することで防ぐことができるのでそこまで問題視する必要はありません。

そしてポイントとなる毎朝おこなうべきかという点です。

ぜひ、毎朝行ってください。

毎朝のウォーキングで痩せる効果は十分に得られます

毎朝ウォーキングの習慣がつけば、よい生活リズムで健康的にダイエットをすることができますよ。

今からダイエットをはじめようと考えている方はぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする