ウォーキングで脂肪燃焼に効果的な時間とは?歩き方5つのポイント!

”今年こそ絶対に痩せたい!” そう思っている方は多いのではないでしょうか?

でもダイエットには、ハードなトレーニングやつらい食事制限が必要だし・・・と諦めた方に朗報です。

実は、ウォーキングするだけで簡単にダイエットをすることができるのです。

ウォーキングによる脂肪燃焼効果と、その効果が高い時間についてご紹介していきます。

出典; 糖尿病の3ヶ月で感知するダイエット

ウォーキングでダイエット

「ウォーキングでダイエット?」と意外に思われるかもしれませんが、実は歩くことは全身運動なのでダイエット効果がとても高いのです。

食事制限などで摂取カロリーを減らすだけだと、脂肪は燃焼されないため痩せることは難しいです。脂肪燃焼させるためには脂肪のエネルギーを使わなければなりません。

全身運動運動をすると、脂肪を燃焼してエネルギーを使うため、体脂肪が減少し痩せることができるのです。

そのため、ウォーキングをすることで脂肪を燃焼することにより、効果的に痩せることができるのです。

ウォーキングは、簡単・手軽にできて最も簡単なダイエット方法の1つなのです。

出典; コレガノ 今日から始めるウォーキングダイエット!

脂肪燃焼に効果的な時間は?

それでは、ウォーキングを行う時に、”脂肪燃焼効果が高い時間”はいつなのでしょうか?


実は、脂肪燃焼の効果が高い時間は「朝」
です。

どうして、朝の方が脂肪燃焼効果が高いのでしょうか?

朝食前は血糖値が低く脂肪が燃えやすい

朝起きたばかりの体は、睡眠中にエネルギーを消費している状態のため、血糖値が低くなっています。

血糖値が低い状態で運動をすると、体が血液の中にある糖分をエネルギーとして使おうとしても糖分が不足しているため、代わりに体に貯蓄されている脂肪をエネルギーとして使うようになります。

そのため、朝は脂肪が燃えやすい状態となっているので、朝に運動をすると他の時間帯よりも脂肪燃焼効果が高くなるのです。

朝は一気に代謝がアップしやすい

よく聞く「代謝」という言葉は、”エネルギーを消費すること”ですが、朝は一日の中で代謝が一番低い時間帯となっています。

代謝が低い時間帯である朝に運動をすると、寝ていた体が急に目覚めるため、ターボが入ったように一気に代謝を上げることができます。

また、朝に運動をして代謝をアップさせると、その後も夜まで代謝量をずっと高いままにできるため、その日の一日中代謝量がなり痩せやすい状態となるので大変効率的なのです。

体温が上がり脂肪が燃えやすくなる

運動をすると代謝が上がると説明しましたが、代謝が上がると体温が上がりやすくなります。

最近は体温が36℃を下回る低体温の方が多いことが問題になっていますが、体温を上げることで脂肪の燃焼の動力となり、低体温の時よりも脂肪のエネルギーを分解しやすい体となるのです。

さらに、体温を上げると免疫力がアップするので、病気の予防にもなるので、朝のウォーキングは健康面でも大きな利点があります。

さらに脂肪燃焼効果を上げる歩き方5つのポイント

朝のウォーキングは脂肪燃焼効果が高いですが、せっかく運動するのであれもっと効果を上げたいですよね。

そこで、”さらに効果を高めるための歩き方”についてもご紹介させていただきます

普段よりも少し早いスピードで歩く

普段歩くスピードよりも少し早いスピードで歩くことで、脂肪燃焼効果を上げることができます。

目安としては、ウォーキングを開始してから5分位で軽く息があがってきて心拍数があがる速度がおすすめです。

普段よりも少しだけ早いペースでウォーキングをすることで有酸素運動となるので、ダイエットの効果をより高めることができます。

スポンサーリンク

足の歩幅を大きくする

普段歩くよりも足の歩幅を大きくして歩くことで、大腿四頭筋や大臀筋、ハムストリングスなど、足の大きな筋肉を鍛えられます。

足の大きな筋肉を鍛えると、代謝を大幅にあげるこできます。

代謝が上がると痩せやすくなるので、足幅を大きくするだけで痩せ体質にすることができるのです。

姿勢を正して歩く

せっかく朝早起きしてウォーキングをしても、猫背の姿勢のまま歩いてしまうとその効果は低くなってしまいます。

姿勢を正して歩くと、腹筋や背筋などコアの筋肉を鍛えることができます。

コアの筋肉を鍛えると、代謝が上がってダイエットの効果が上がるだけでなく、体を引き締めるてシェイプアップをすることもできます。

連続して20分以上ウォーキング

一般的に運動を開始してから脂肪を燃焼し始めるのは「20分後」からだと言われています。

運動をするとグリコーゲンやブドウ糖をエネルギーとして費やしますが、20分以上続けるとそれらが枯渇してきて、脂肪が分解され始めてエネルギーに費やされ、脂肪が燃焼し始めるのです。

そのため、連続して20分以上ウォーキングすることは、脂肪燃焼に効果的なのです。

継続が一番のチカラ。一駅前から歩く

出典; COCOLOマガジン Life 通勤の心肺ウォーキングで気持ちのよい一日を始めよう

20分以上ウォーキングするのがいいとは分かっても、わざわざ仕事が忙しくてそんな時間を作るのは難しい、という方は、まずは通勤時に一駅手前で降りて歩いてみませんか?

会社の所在地の事情にもよりますが、電車通勤の方は少し早起きをして朝に会社への通勤時に一駅手間で降りて歩けば、20分以上のウォーキングを実行することができます。

ですので、簡単にウォーキングダイエットを毎日行うことができます。

まずは、実行して継続することが一番です。
続けていると、普段の生活では気づかなかったコアの筋肉の向上も感じられて、理想的なフォームでウォーキングすることができるようになっているのです。

まずは明日からでも、一駅前に降りてウォーキングにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットのための脂肪燃焼の効果が高い時間は「朝」です。

「朝に脂肪燃焼効果が高い理由」は以下のとおりです。

  • 朝食前は血糖値が低く脂肪が燃えやすい
  • 朝は一気に代謝がアップしやすい
  • 体温が上がり脂肪が燃えやすくなる

ダイエット目的で脂肪燃焼をより効果的に行いたい方は、朝に20分以上ウォーキングをするのがおすすめです。

また、さらに脂肪の燃焼効果を上げる歩き方は、

  • 普段よりも少し速いスピードで歩く
  • 足の歩幅を大きくする
  • 姿勢を正して歩く
  • 連続して20分以上歩く
  • 継続が一番のチカラ。明日から歩いてみる

です。

少し早起きして会社への通勤時に一駅前で降りて20分ウォーキングをすると、わざわざウォーキング用の時間を取らないばかりか、脂肪燃焼が高いのでいいですね。

ぜひ定期的にウォーキングを継続して、あなたの理想とするボディを手に入れてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする