ウォーキングで効果的に痩せるコツとは?部位ごとに紹介!

ウォーキングは、「有酸素運動」の中でも人気の高い運動ですよね。

体への負担が少ないので、年配の方でも、運動が苦手な方でも、そして道具もいらないことからすぐに始めるられるのもいい点ですね。

最近ではウォーキングは、痴呆症初期の見極めになったり、治療法としても効果が現れているというのをTVの番組で、見ました。

ますます、ウォーキングが人気になりそうですね。

そんなウォーキングで、効果的に痩せられたら、尚更いいですよね!

ここでは、健康的にダイエットを始めようと思ってらっしゃる方に、ウォーキングで効果的に痩せるコツをご紹介したいと思います。

ウォーキングで効果的に痩せるコツ

ウォーキングで効果的に痩せるためには、何と言っても「歩き方」にコツがあるんです。

単に散歩のようにゆっくり歩いていては、痩せる効果は期待できませんね。

では、どのように歩いたらいいのでしょうか?

ウォーキングの正しいフォーム

ウォーキングには正しいフォームがとても大切です。

このフォーム次第で、カロリーの消費を増やす事もできれば、腰など体に負担をかけてしまう原因にもなってしまうので、注意しましょう。

正しいフォームとは、頭のてっぺんから紐で引っ張られているようなイメージで、まっすぐな姿勢の事です。

正しいフォームで行うウォーキングは、二の腕、背中、ウエスト、お尻や太ももなどの部分がダイエットできますよ。

それぞれの注意すべき点は以下の通りです。

上半身: 背中や二の腕のダイエットに効く

*顎を引いて、視線を遠くにする。

*背筋を伸ばして胸を張る。

*腕を前後に大きく振る。

下半身:お尻と太もものダイエットに効く

*足を伸ばして歩幅をできるだけ広くとる。

*つま先で地面を蹴り出し、かかとから着地する。

上半身:二の腕や背中に効くウォーキングダイエット

ダイエット中になかなか痩せないのが二の腕や背中。

でも、ウォーキングは、この痩せにくい部分にも正しい歩き方で行えば、効果が期待できます。

二の腕ダイエット

二の腕を痩せたいなら、簡単です。

とにかく、腕をしっかり前後に振りましょう!

普段、二の腕というのはなかなか使いません。

だから知らず知らずに脂肪がたまってしまい、気がついたらぷるぷるの振袖に。。。

でも、例えばウォーキングを30分行うとしたら、腕をその30分間、動かし続けているという事です。

こんなにいい運動はないのではないでしょうか?

痩せる腕の振り方ですが、前へ振る時よりも後ろに振る時の方に意識をしてみましょう。

前に高く振っても二の腕の肉はなかなか取れないのですが、後ろに高く振ると、二の腕ダイエットにはとても効果があります。

[方法]

肘を90度に曲げ、拳を軽く握り、自然な形で片腕を前に出しましょう。

その時、前へ出した腕とは反対の腕をしっかり後ろまで振り切りましょう。

よく、前にはしっかり振るのですが、体の脇で止めてしまっている方がいらっしゃいます。

勿体無いですね〜。

せっかくなら、後ろまでしっかり振りましょう。

何を隠そう、私は腕を後ろに振るウォーキングで、二の腕の太さが1ヶ月で2cmも変わった事があるんですよ。

背中ダイエット

次に背中の肉もウォーキングでついでに落としてしまいましょう。

先ほど二の腕ダイエットのところで、腕を前後に振ると書きましたが、それをしながら、肩甲骨に意識をしてみましょう。

[方法]

しっかりと胸を張り、肩甲骨に意識を持ちましょう。

腕を前後に振る時に、肩甲骨がぎゅっと中央に寄るようにしてみましょう。

このように、肩甲骨に意識をする事で、背中の余分な脂肪が取れてきます。

又、それだけでなく、新陳代謝がアップしたり、首や肩のコリもほくれてきますよ。

肩甲骨がくっきりしている後ろ姿は、後ろ姿美人になり、実際の体重より痩せて見えると言われています。

是非、後ろ姿美人を目指してみてくださいね。

下半身:お尻や太ももに効くウォーキングダイエット

次に下半身、特にお尻の下部分や、太ももの裏にきくウォーキング方法をご紹介します。

お尻ダイエット

お尻もなかなか痩せない部分ですが、ウォーキングでお尻が引き締まったという人の話はたくさん聞きます。

是非、実行してみましょう。

[方法]

猫背にならないように背筋を伸ばしましょう。

ヒップをキュッと閉めてお腹に力を入れましょう。

足の裏全体を使って、できるだけ大股で歩きましょう。

お尻をキュッと引き締めるだけでも、少しお尻が小さくなるような気がします。

そのまま大股で歩くことで、お尻の筋肉に力が入り、だんだん引き締まってくるんですね。

スポンサーリンク

太ももダイエット

ウォーキングでは太もものダイエットにも効きます。

私もウォーキングを初めて太ももの筋肉が引き締まり、ジーンズが緩くなった事があります。

[方法]

足だけでなく、腰から足を出すようなイメージでウォーキングしましょう。

つま先は開いたり閉じたりせず、まっすぐに前を向け、つま先で地面を蹴り出し、かかとから着地しましょう。

ここでは、かかとから着地する事がポイントで、この時、膝をできるだけ伸ばして着地すると、太ももに変な筋肉をつけずに、引き締まってきますよ。

ウエストに効くウォーキングダイエット

そして、上半身と下半身の中間、ウエストに効くダイエットもあります。

折角ならウォーキングで全身がダイエットできるといいでのご紹介します。

ウエストダイエット

ウエストは年とともに、脂肪がついてしまい、しかもなかなか取れなくなってきます。

でも、大丈夫。

このウエストに効くウォーキングダイエットをすれば、見た目が徐々に変わってきますよ。

[方法]

お腹を引っ込めて姿勢をよくしましょう。

腕を前後に振るのと同時に、ウエストを左右にツイストしましょう。

お腹を引っ込める事で、上体を反ることを防止し、自然と良い姿勢になります。(腰痛予防にもなります。)

その良い姿勢で、腕の振りに合わせてウエストをツイストするだけで、お腹の筋肉が刺激され燃焼します。

ぽっこりしたお腹や、脇腹のお肉がみるみるうちに痩せてくるのも時間の問題かもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

このように、健康に良いウォーキングは、ちょっとしたポイントに気をつけるだけで、ダイエットにも効果的だったんですね。

是非、無理せず、体調に合わせながら、楽しくウォーキングをしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする