ウォーキングで足が痩せる?効果を高める歩き方を紹介!

ダイエットには、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

特にウォーキングは、体力に不安があっても継続できるので、おすすめの有酸素運動でしょう。

年齢を重ねるとともに、代謝が悪くなって、太りやすくなったと感じていませんか?

お腹周りだけでなく、太ももやふくらはぎ等の下半身が気になっている方も多いでしょう。

今回は、気になる太ももやふくらはぎに効果があるウォーキング方法を紹介します。

足痩せに効果があるウォーキングを活用して、理想のスタイルを手に入れましょう。

ダイエットでは、とにかく継続することが一番大切です。

ウォーキングを楽しみながら、健康的な生活を心がけましょう。

食生活にも気を配りながら、足痩せに効果があるウォーキングを頑張ってください。

ウォーキングで足が痩せる?

ダイエット効果があるウォーキングですが、足痩せに効果があるか気になっている方も多いでしょう。

ウォーキングは有酸素運動なので、脂肪の燃焼が期待できます。

さらに、下半身をしっかりと使う運動であることから、下半身のシェイプアップが見込めるのです。

そして、ダイエットのための運動で最も大事なのは、運動している時間でしょう。

短時間で強い負荷をかけるよりも、弱い負荷の運動を長時間行う方が脂肪燃焼の効果が高まります。

ウォーキングは激しい運動ではないので、体力が少ない方でも長時間の運動が可能でしょう。

また、ウォーキングで足が太るのではないかと心配する方もいます。

ウォーキングは筋トレのような無酸素運動はありませんので、筋肉ムキムキになってしまう可能性は非常に低いです。

太ももが太くなるという心配はせずに、ウォーキングを行いましょう。

ダイエットでは、足や太ももの脂肪が落ちにくいと感じることも多いです。

筋トレなどの運動では、脂肪燃焼の効果は薄いでしょう。

ウォーキングで長時間の有酸素運動を行って、下半身のシェイプアップに励んでください。

足痩せの効果を高める歩き方

ウォーキングは下半身の脂肪を燃焼させるのに、効果がある有酸素運動です。

ただし、何も考えずに歩くよりも、歩き方を工夫したほうがより足痩せに効果が出るでしょう。

足痩せに効果があるウォーキングの基本は、姿勢を正すことです。

背筋を真っ直ぐに伸ばすことが基本となり、ウォーキングの効果を高めてくれることになります。

正しい真っ直ぐな姿勢は、壁立ちを利用することで身に付けることができるでしょう。

壁立ちは、壁に背中をつけて真っ直ぐ立つ方法です。

身体のゆがみを確認できるので、一度試してみることをおすすめします。

壁立ちで正しい姿勢を身に付けて、ウォーキングに励みましょう。

また、足痩せの効果を高めるためには、痩せたい箇所の筋肉をイメージしながら歩くようにします。

太ももが気になるという方は、太ももの裏の筋肉を使うようにウォーキングしてください。

少し大きめの歩幅を意識することで、太ももの筋肉が使われて下半身が引き締まります。

足痩せに適した歩き方の着地は、かかとから行います。

着地した後につま先で大きく蹴り上げるように意識することで、ふくらはぎの筋肉をしっかりと使えるでしょう。

また、腕も大きく振って、歩幅を大きくすることでダイエット効果もさらに高まります。

ウォーキングの速さは、個人差があるので無理をしない程度で構いません。

ただし、スピードが速い方が足痩せに効果があります。

最初はゆっくりで構いませんので、慣れてきたら徐々に歩くスピードを上げるようにしましょう。

足痩せマッサージでさらに効率アップ!

下半身のシェイプアップに効果があるウォーキングですが、足痩せマッサージも一緒に行うことでさらに効率も良くなります。

マッサージはダイエットに有効なので、足をマッサージすることで足痩せの効果が期待できるでしょう。

足痩せマッサージには、いくつかの方法があります。

最初におすすめしたいのが、手のひらを広げて行う方法です。

手のひらを広げふくらはぎにくっ付けて、マッサージするようにしましょう。

さらに、手をグーの形にして行う方法もあります。

手をグーの形で握って、足を揉みほぐすようにマッサージしてください。

足痩せマッサージでは、常に下から上に向けって行うようにしましょう。

リンパ液や血液は下から上へは流れにくいため、停滞が起こりやすくなっています。

リンパ液や血液の停滞を止めるイメージで、下から上へと刺激を与えましょう。

マッサージでは、リンパの流れを良くし、むくみなどの解消も期待できます。

また、血行を良くすることで、筋肉痛の回復も早まるでしょう。

普段運動不足の方は、ウォーキングでも足が痛くなってしまうことがあります。

その場合でも、マッサージをすることによって、怪我の予防に繋がるでしょう。

足痩せ効果もあるマッサージをウォーキングと一緒に行って、理想の下半身を手に入れてください。

スポンサーリンク

足首や膝のケアも大切にしましょう

ウォーキングでは、足首や膝の怪我をしてしまうことがあります。

特に運動不足の方は、注意が必要でしょう。

足首や膝の周りには筋肉が少ないので、しっかりとケアすることが大切です。

ウォーキングを行う前には、必ずウォーミングアップを欠かさないようにしてください。

特に下半身を中心にストレッチなどを行って、ウォーミングアップをするようにしましょう。

ゆっくりと歩きながらウォーミングアップをする方法もあります。

最初はウォーミングアップのイメージでゆっくりと歩き、身体が温まってきてからペースを上げると身体への負担も少なくなるでしょう。

ウォーキングが終わったら、お風呂でマッサージをするのも良い方法です。

お風呂でマッサージをして筋肉の柔軟性を高めれば、怪我の予防ができるでしょう。

血行が良くなって、足のむくみを解消する効果も期待できます。

ウォーキングでは、足首や膝のケアを心がけてください。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、足痩せ効果が期待できる有酸素運動です。

太ももやふくらはぎの筋肉をしっかりと使ってあるけば、引き締まった下半身になるでしょう。

ウォーキングは筋トレのような無酸素運動ではないので、筋肉がついて足が太くなってしまう心配もありません。

足痩せマッサージも一緒にすれば、太ももやふくらはぎが一気に引き締まるでしょう。

継続することが一番大切なので、ウォーキングを楽しみながら行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする