ルームランナーを使ったウォーキングダイエット!3つの効果とコツとは?

ダイエットをする際に、いつでもどんな天候でも手軽にウォーキングをしたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか?

そんな時に真っ先に思いつくのが、ルームランナーだと思います。

このルームランナー、実際のウォーキングと比べて効果はどうなのでしょうか?

また、使用するにあたってのコツなどはあるのでしょうか?

今回は、ルームランナーで行うウォーキングダイエット の効果や、どのような事に気をつけながら使用するのがいいのかなどのコツについてお話ししていきます。

しっかりと効果など特徴を知って、ダイエットに役立てていきましょう。

ダイエットにルームランナーを使用する事による3つの効果

天候などに左右されず、いつでもウォーキングをする事ができる、ルームランナー。

外で行うウォーキングと同じく、脂肪燃焼効果に期待できたりするのはもちろんですが、ルームランナーならではの効果があります。

ここでは、ルームランナーならではのダイエット効果についていくつかお話ししていきたいと思います。

飽きずにトレーニングができる

外でウォーキングをしていると、音楽などを聴きながらトレーニングをすることはできますが、飽きてしまうという人も多いのではないでしょうか?

飽きてきてしまうと、ウォーキングに行く事も段々億劫になってしますよね?

その点ルームランナーは、室内で行うものですので、飽きずにトレーニングをする事ができます。

例えばテレビの前に設置すれば、好きなテレビ番組などを観ながらウォーキングする事ができますし、音楽を聴くときも、イヤホンなしで聴く事ができます。

また、外でのウォーキングのように、服装などに気を使う事もなく、気軽に行えるのも魅力の一つです。

楽しみながらトレーニングを行う事は、ダイエットをする上で非常に重要な事で、モチベーションを高く保つ事で、質の高いトレーニングを行う事ができるといえます。

簡単に習慣化できる

ウォーキングダイエットをする上で大切なことといえば、毎日続けるということです。

ウォーキングは、ランニングなどのトレーニングと比べ、体への負担が少ない事が特徴ですが、その反面、脂肪燃焼効果もそこまで大きくないともいえます。

そのマイナス面を補うために行う事が、毎日続けるということです。

ただ、雨など天気が悪かったりすると、外に出るのが嫌になり、日が空いてしまう人も多いのではないでしょうか?

そんな時に役に立つのが、ルームランナーです。

ご存知の通り、ルームランナーは室内で使用します。

室内でのトレーニングは天候や時間に左右されることなく、自分のペースでトレーニングをする事ができるので、毎日の習慣にする事も苦にならなくなります。

毎日の習慣にする事で、脂肪燃焼効果や基礎代謝の向上に高いダイエット効果に期待できるようになります。

数値を把握しながらトレーニングする

外でのウォーキングとは違い、ルームランナーでは、消費カロリーや距離、心拍数などを画面で確認しながらトレーニングをする事ができます。

ウォーキングから得る事ができる数値を確認しながらトレーニングをする事で、1日の効果を知る事ができます。

トレーニングメニューの組み立てにも非常に役に立つといえます。

正しいメニューを組み立ててトレーニングに取り組む事で、効率よく脂肪燃焼ができるため、より大きなダイエット効果に期待できます。

また、目標を立てやすくなるため、モチベーションを高く保つ事ができるようになります。

ルームランナーを使ったダイエット2つのコツ

これまでのお話で、ルームランナーを使用してのダイエットでは、外で行うウォーキングの効果とは別な効果やメリットがあると言うことはお分りいただけたかと思います。

外で行うウォーキングよりも様々な効果を得る事ができるルームランナーですが、使い方を間違えていたりすると、その効果はほとんどなくなってしまいます。

では、どのようなことに気をつけたりしながらトレーニングするのがいいのでしょうか?

ここでは、ルームランナーでダイエットをする際のコツなどについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

カロリーコントロールをする

ルームランナーは、心拍数をはじめ、消費カロリーなども画面で確認する事ができます。

ですからルームランナーでダイエットをする際には、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように、トレーニングを調整していきましょう。

まずは基礎代謝をサイトなどに載っている、基礎代謝基準値から自身の基礎代謝を計算し、普通のウォーキングと同じように歩いてください。

基礎代謝+運動からの消費カロリーが、自身の1日の消費カロリーになります。

その数値を目安にして、摂る食事やトレーニングを組み立てて行くことにより、カロリーコントロールをする事で、より高いダイエット効果に期待する事ができます。

1日の消費カロリーを超えて摂取してしまうと、太っていってしまいますので、注意して行く必要があります。

傾斜や速度をうまく利用する

ウォーキングが毎日の習慣になり、室内でのトレーニングにも慣れてくると、少し物足りなさも出てくると思います。

ルームランナーには、速度調整機能や傾斜をつける事ができる機能が付いているものも多く、同じウォーキングでも、外でのウォーキングとは違うバリエーションを持たせる事ができるようになります。

ただ、これは少し注意が必要です。

室内でしかも自分のペースで歩く事ができますので、ついつい傾斜をつけ過ぎてしまったり、速度を上げてしまい過ぎたりして、オーバーワークになってしまう事があります。

オーバーワークを防ぐために、心拍数に気をつけながら歩くようにしていきましょう。

目安としては、(220-年齢)×0.6で計算をした心拍数を超えないように調整して歩くようにしてください。

無理をしてしまうと、怪我をしてしまったりして、長続きしなくなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ルームランナーでウォーキングダイエットをする際の効果やコツについてお話ししてきました。

外で行うウォーキングも、気持ちがよくいいものですが、雨の日など天候に左右されてしまうので、どうしても長続きしなかったりしてしまいます。

そんな時にルームランナーを上手に使う事で、トレーニングを続けやすくなりますし、心拍数の計算など、ルームランナーならではの効果に期待する事もできます。

今回のお話を少しでも参考にしていただいて、上手にメニューを組み立ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする