ウォーキングで痩せる為に効果的な時間帯とは?その3つの理由を解説!

健康のためにウォーキングをされている方はとても多いと思います。

そして、せっかくウォーキングをするなら少しでも痩せてかっこよくなりたいな〜と考えている方も多いのではないでしょうか?

何を隠そう私もその一人。

ウォーキングするならダイエット効果があった方がやる気も増すというものですね。

さらに、せっかくダイエット効果を期待するなら、効果的な時間帯にやってみたいと思いませんか?

朝?夜?食事前?食後?などなど、いつがいいのでしょうか?

そこで、痩せるためのウォーキングに効果的な時間帯をご紹介したいと思います。

一番効果的な時間帯

出典;毎日の小さな積み重ねでスッキリ痩せる

痩せるためのウォーキングに効果的な時間帯は一体いつなのでしょうか?

それはズバリ、

朝食前です。

朝食前なら、朝起きなくてはいけないので、生活習慣の改善にもなるし、夜のように急に予定が入ってしまいできない。。。なんてことも少なそうですね。

痩せるためのウォーキングには朝食前が良い3つの理由

では、なぜ、痩せるためのウォーキングには朝食前がいいのでしょうか?

理由はいくつかあります。

*脂肪燃焼が良い

*セロトニンの分泌作用で一日が活動的に送れダイエット効果を持続できる

*朝から代謝を上げることができる

では、1つづつ見てみましょう。

脂肪燃焼が良い

出典;脂肪を燃焼!

寝ている間、人は何も食べていません。

起きたての朝は、胃の中には何も入っていなく空腹状態であることが多いですよね。

そのため血糖値の低い状態の体は、血液中の糖分からエネルギーを得るのではなく、脂肪からエネルギーを得ようとするわけです。

この理由から、脂肪の燃焼率がいいということなんですね。

夜の運動と比べると朝運動することは10%も脂肪燃焼率が高いということもわかっています。

朝食前と朝食後の脂肪燃焼率を比べた結果、33%も朝食前の方が燃焼率がアップしたという結果もあるというのです。

しかも、消費カロリーも朝食前の方は朝食後より20%も多いんです。

一日が活動的に送れる

朝起きて、太陽の光に浴びることで、セロトニンというホルモンが放出され、一日を活動的に過ごすことができます。

又、太陽の光に浴びることで、体内時計が調整され自律神経が整います。

最近は体温が低い方も多いと聞きますが、自律神経が整うことで、発汗作用も促され、体温も正常になってきます。

メラトニンという睡眠ホルモンも抑制され、朝からしっかり目覚め、一日を活動的に送れるでしょう。

朝から代謝を上げることができる

朝からウォーキングなどの運動をすることで体の代謝は上がります。

又、朝、代謝を上げるとその代謝はその後も高く保つことができるというのです。

ダイエットには基礎代謝を上げることがいいというのは、皆さんご存知でしょう。

つまり朝からウォーキングをすることはダイエットに効果的ということです。

朝に代謝を上げることで体質が代わり、痩せやすい体質になったという人もいるほどなんですよ。

朝食前ウォーキングをする時の注意点

朝食前のウォーキングに良い点があるのはわかりましたね。

でも、いくら朝食前ウォーキングが痩せるとはいえ、注意しなくては危険もあることを忘れてはいけませんね。

安全に朝食前ウォーキングをするために注意する点をご紹介します。

水分を摂る

出典;水分を摂る

人は寝ている間に思うより汗をかいています。

ウォーキングをする前に常温水をいっぱい飲んでから出かけましょう。

朝は体温が低いので、一杯の水が体を起こしてくれるでしょう。

朝に飲む水は、血液をサラサラにしてくれ、動脈硬化や、高血圧、脳梗塞、脳血栓なども防いでくれるので、いいことがたくさんですね。

スポンサーリンク

消化のいいものを少しお腹に入れる

朝食前のウォーキングがいいとはいえ、人によっては起きたてでお腹が空いている人もいると思います。

ダイエット目的とはいえ、せっかく健康のためにやるウォーキングなのですから、倒れて怪我でもしたらいけません。

また、空腹でウォーキングして、ブドウ糖不足から、低血糖症を起こしてしまっても危険です。

バナナや野菜ジュースを飲んでから出かけましょう。

消化がいいのでダイエットの邪魔にはなりませんよ。

ストレッチをする

朝起きたては、体がまだしっかり起きていません。

ウォーキングをする前に、しっかりストレッチをしてから出かけましょう。

ラジオ体操のような全身をしっかり使うストレッチをしてからウォーキングに出かけるのがいいでしょう。

夜のウォーキングは痩せるの?

朝食前のウォーキングが痩せるのに効果があることはわかったとしても、やはり生活によっては、どうしても朝できないという方もいるでしょう。

又、やりたい気持ちはあっても、朝は体温も低く、体が硬いので年齢や体力によっても朝できない方もいると思います。

では、夜のウォーキングはどうなのでしょうか?

ズバリ、夜だってウォーキングできるなら是非、やりましょう!

「痩せるのに効果的なのが朝だから、夜はやっても無駄でしょう」なんて考えている方がいたら、それは間違いです。

一日のうちに、ウォーキングをするのとしないとでは、ウォーキングをした方が痩せるのは言うまでもありません。

健康的に見ても、朝であろうと夜であろうと、定期的なウォーキングはとてもいいですよね。

夜のウォーキングのメリット

夕食後から寝る前(1時間前くらいまで)のウォーキングは、理想的な運動とも言われています。

特に年配の方は、朝、体が硬直している方も多いと思いますが、夜の適度な運動なら、体も柔らかくなっており、末梢の血管も開きます。

お仕事をしている人にとっても、ウォーキングで血行が良くなり、一日の疲れを取ってくれるでしょう。

血行がよくなることで、首の痛みや腰の痛み、肩こりなども取ってくれる作用もあります。

夜、血行がよくなることで、良い睡眠が取れるとも言われていますので、夜のウォーキングもおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

痩せる為のウォーキングに効果的な時間帯は朝食前ということがわかっていただけたでしょうか?

ただ、色々な事情でできない方は、夜のウォーキングもメリットがあるので、是非、試してくださいね。

健康的に痩せるにはウォーキングは最適です。

是非、注意点を参考に、身体に負担のないようウォーキングをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする