ウォーキングに効果的な時間帯とは?痩せる為に歩くべき時間はどのくらい?

ウォーキングはダイエットに効果的な運動なので、最近体重が気になっている方におすすめです。

ウォーキングなら道具もいらず、気軽に始めることができるでしょう。

ウォーキングを始める際に、いつ歩いたら良いか悩んだことはありませんか?

せっかくウォーキングするなら、最も効果がある時間帯にウォーキングしたいところです。

効率良く痩せるためには何も考えず歩くのではなく、効果を高める方法を考えながらウォーキングした方が良いでしょう。

今回は、ウォーキングで効果のある時間帯を紹介します。

ウォーキングは継続すれば、痩せることが可能な有酸素運動です。

ダイエット成功のためには、どの時間帯で継続するかもカギとなるでしょう。

また、ウォーキングを行う時間帯は目的によっても変わってきます。

痩せるためではなく、運動不足解消のためだと歩く時間も変わってくるでしょう。

今回紹介する内容を参考にしながら、ウォーキングに励んでください。

ウォーキングに効果的な時間帯


出典;【距離】ウォーキングを毎日続けるコツ【時間】

ウォーキングはいつ行うのが良いか、迷ってしまう方も多いでしょう。

ウォーキングにおすすめの時間帯は、ウォーキングの目的によっても変わってきます。

それでは、具体的にどの時間帯で、どのような効果が得られるか紹介します。

脂肪燃焼なら断然朝がおすすめ

ウォーキングで脂肪燃焼の効果が高い時間帯は、朝です。

特に、朝食を食べる前だと脂肪燃焼の効率や良くなるでしょう。

そのため、ダイエットが目的なら早朝にウォーキングすることをおすすめします。

朝は日光を浴びることでセロトニンが分泌されます。

セロトニンは脂肪燃焼に関係あると言われているので、脂肪燃焼の効果が高まる可能性があるでしょう。

さらに、セロトニンは自律神経を整え、精神を穏やかに保ってくれるので不安やイライラを解消することができます。

精神的に落ち着けば、過食をしてしまうこともなくなるので、食生活も改善されるでしょう。

ダイエット目的の場合は脂肪燃焼が期待でき、イライラからの過食を防ぐことができる朝のウォーキングが効果的です。

ただし、朝の場合は体温が低く、筋肉がかたまっていて、身体が上手く動かせないことがあります。

起床直後にすぐ歩くのではなく、徐々に身体を動かして体温が高くなってからウォーキングした方が良いでしょう。

また、朝のウォーキングは習慣化しにくいというデメリットもあります。

朝は仕事の準備や家事で、なかなか時間が取れません。

ウォーキングのために早起きするのには、かなりの覚悟が必要でしょう。

そのうち朝起きられなくなって、ウォーキングをやめてしまうことも多々あります。

朝に自信がない方は、別の時間帯で歩くことも検討してください。

生活の乱れを改善するなら夜

脂肪燃焼に効果的なのは朝のウォーキングですが、運動不足や生活の乱れを改善したいなら夜がおすすめです。

夜のウォーキングでは、自律神経が調整され、質の良い睡眠が可能となります。

質の良い睡眠は、健康に様々な良い影響を与えてくれるでしょう。

ぐっすりと眠ることができるので、夜寝付けなくて生活が乱れていた方にもおすすめです。

また、夕方にウォーキングをすることによって、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、身体を再生・修復しやすくしてくれるので、疲れが残りません。

次の日に疲れを残さないので、運動不足の方でも無理せずにウォーキングができるでしょう。

さらに、夜のウォーキングは生活サイクルを変えずにできるので、習慣化しやすい特徴もあります。

ウォーキングも三日坊主で終わってしまっては、意味がありません。

習慣化しやすいという点は、大きなメリットとなるでしょう。

そういう意味では、ダイエット目的で夜に歩く方法もあります。

脂肪燃焼に効果が高いのは朝ですが、夜のウォーキングの効果がないわけではありません。

脂肪燃焼に効果が高いからといって朝を選んでも、習慣化しなければ効果はないでしょう。

ウォーキングは脂肪燃焼に効果がある有酸素運動なので、継続すれば必ず痩せることができます。

自分の生活スタイルに合わせて、ウォーキングの時間帯を選ぶようにしましょう。

痩せるためにはどれくらいの時間を歩けば良い?


出典;ダイエットに効果的なウォーキング時間は?距離の目安、消費カロリー

ウォーキングを始めたときに、どれくらいの時間を歩けば良いか気になっている方も多いでしょう。

ダイエット目的のウォーキングの場合、20分を目安にする方法があります。

有酸素運動で脂肪燃焼に効果があると言われているのが、20分です。

20分以上有酸素運動を継続することで、脂肪が燃焼されるでしょう。

もちろん脂肪燃焼させなたいなら、長く歩くことにこしたことはありません。

自分の体調を見極めながら歩けるときに歩いておきましょう。

また、20分以内だと効果がないと思われていますが、そうではありません。

20分以内でもカロリーは消費されているので、効果は少ないですが効果が全くないわけではないでしょう。

なので、普段よりも疲れが残っているときなど、20分以内の軽めのウォーキングで済ませても良いです。

短い時間でも歩かないよりは断然マシなので、習慣化するように心がけましょう。

スポンサーリンク

夜のウォーキングならプールを活用しよう


出典;膝に負担がかからない水中ウォーキングを実践しよう!

脂肪燃焼に効果が高いのは朝の時間帯ですが、夜しか時間が取れない方も多いでしょう。

その場合は、プールを活用する方法があります。

プールを活用して水中ウォーキングを行えば、夜でも効果の高いウォーキングができるでしょう。

プールは、夜遅くまで利用できるところもあります。

夜しか時間が取れなくても、効果の高いウォーキングを求めるなら、プールを使った水中ウォーキングをしましょう。

水中ウォーキングは膝への負担も軽いので、怪我をしている方にもおすすめです。

周辺にプール施設がある場合は、積極的に活用してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、歩く時間帯でも効果が変わってきます。

脂肪燃焼を求めるなら、朝の時間帯がおすすめです。

しかし、習慣化しやすいのは、夜のウォーキングでしょう。

朝でも問題なく続けられる場合は朝がおすすめですが、そうでない場合は夜にウォーキングしてください。

夜遅くまで利用できるプールを活用する方法もあるでしょう。

水中ウォーキングで、ウォーキングの効果を高めても良いです。

自分のライフスタイルを見つめ直しながら、歩く時間を決めてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする