ウォーキングは時間帯によって効果が違う?朝と夜の違いとは?

ウォーキングは健康にとても良いですよね。

ちょっとした運動になるから運動不足を解消できるし、ダイエット効果もあります。

ランニングのようなハードなものでは無いので体力に自信が無い方でも気軽に取りくむことができます。

そんなウォーキングですが、実は時間帯によって効果が若干異なってくるのをご存知でしょうか?

あまり関係なさそうに思えますが、朝にウォーキングするか、夜にウォーキングするかで意外と違ってくるんです。

そこで時間によってどのように効果が違ってくるのかこれから具体的に説明させていただきます。

朝に行うウォーキング

まずは朝に行うウォーキングについてです。

朝には朝のメリットとデメリットがあるので、どのようなものがあるのか説明させていただきます。

日中の活動を有意義にしてくれる

朝に日光を浴びることで身体に影響があることをご存知でしょうか?

日光を浴びることによってセロトニンという物質が活性化されるようになります。

また、有酸素運動をすることによってもセロトニンは活性化されます。

つまり、有酸素運動であるウォーキングを朝日光を浴びながら行うことでセロトニンを思いっきり活性化することができるのです。

セロトニンが活性化するとどのようなことが起こるのかと言うと、血圧や呼吸、そして心拍が活動的になるので目がはっきり覚めるようになります。

そのおかげで日中のモチベーションを高めることができるのです。

生活習慣の改善

朝にウォーキングをすると自然と生活習慣を改善することができます。

朝になにか用事が無いと夜更かししてしまう人は非常に多いです。

生活習慣を改善しようと思っても、なにか目的が無いとなかなか改善できません。

その目的となるのがウォーキングです。

「明日の朝ウォーキングするから今日は夜更かししよう」と言う人はいませんよね。

「朝ウォーキングしなきゃいけないから早く寝て早く起きなきゃ」と自然に生活習慣を改善しようと心がけるようになります。

健康的になる

朝ウォーキングすると生活習慣が改善されるとお話しましたよね。

早寝早起きはとても健康に良いものなんです。

早起きしたときは先ほどお話したセロトニンを充分に活性化させることができます。

そして早寝したときは成長ホルモンが多く分泌されるようになります。

具体的に言うと、22時から深夜2時くらいに寝ていると分泌されるものです。

朝ウォーキングによって早寝早起きの恩恵を受けてみましょう。

体が動かしにくい

こちらは朝のウォーキングのデメリットとなる部分ですね。

朝は体を動かすのが難しいのです。

なぜかと言うと、朝起きたばかりだと体温が低いことや筋肉が硬直しているからです。

どちらもすぐに万全の状態になるわけではないので、朝のウォーキングはキツイと感じることがあるでしょう。

早寝早起きが苦痛

こちらもデメリットとなる部分ですね。

生活習慣の改善に繋がるとお話した朝ウォーキングですが、人によっては耐え難い苦痛となります。

例えば毎日深夜3時まで夜更かししてスマホをいじっていたりゲームをしている人なんかは苦痛になるでしょう。

毎日の不規則な生活の中でいきなり早起きというのは難しいものです。

夜に行うウォーキング

続いて夜に行うウォーキングについてです。

メリットデメリットをいくつかまとめてみました。

睡眠の質が上がる

体は疲れることによって深い睡眠を取るようになります。

これは経験があるかと思いますが、疲れていると眠くなりますよね。

夜ウォーキングすることによって体を疲れさせ、良い睡眠を取ることができるんです。

しかし、運動後すぐには体が興奮状態になってしまっているので逆になかなか眠れなくなってしまいます。

そのため自分が寝ようと考えている時間の2時間前にはウォーキングを終わらせるようにしてください。

ストレス解消になる

日中学校や仕事に行くことによってストレスが溜まるときってありますよね。

そのストレスを夜ウォーキングすることによって解消することができるのです。

先ほどお話したセロトニンは有酸素運動でも活性化するので、夜でも朝ほどではありませんが問題無く活性化します。

そのセロトニンは精神を安定させる効果もあるのです。

夜にウォーキングすることによって、セロトニンを活性化させて日中のストレスを解消してみましょう。

朝に弱い人でも続けやすい

先ほども少し触れましたが、早起きするのがどうしても苦痛だと言う方がいらっしゃるでしょう。

そんな方は逆に夜なら問題なくウォーキングをすることができますよね。

学校帰りや仕事終わりにちょっとウォーキングするのであればたいして苦にならないですよね。

生活習慣を無理に変えなくても可能なので続けやすいのが夜のウォーキングです。

スポンサーリンク

熱中症のリスクを減らせる

これは夏場などの暑い時期限定のメリットですが、熱中症に陥る可能性を減らすことができます。

理由としては単純に夜は日が出ていない分日中より涼しいからです。

熱中症が怖い方は夜にウォーキングするようにしてみると、安心して運動できます。

事故の危険がある

こちらは夜のウォーキングのデメリットとなる部分です。

暗い中歩いていると当然ですが自転車や車から歩いている姿が見えづらくなります。

特に自転車に乗っている人の中にはライトをめんどうくさがって点けなかったりする人がいるので、なおさら通行人が見えづらいです。

蛍光色のウェアなどで対策すれば改善することができますが、油断してこの対策を怠ることがあります。

事故のことを考えると夜はウォーキングをするのが危険なときです。

不審者に遭遇する可能性が高まる

こちらは特に女性が気を付けて欲しいことですね。

夜の方が不審者に遭遇する可能性が高いです。

さらに夜のウォーキングは1人で行動することが多いです。

夜に1人で行動するのが怖いと感じる方は夜ウォーキングにあまり向いていないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

朝と夜のウォーキングにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

個人的には無理なく続けられる夜のウォーキングが良いと感じます。

もちろんどちらも一長一短なので、絶対に良い方というものはありません。

朝と夜を比較して、自分に合った時間にウォーキングをしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする