骨盤ウォーキングの歩き方や効果を紹介!正しいやり方で健康な身体に!

ウォーキングは、体力がない方でも気軽に始められる運動です。

ダイエットにも有効な有酸素運動なので、女性にもおすすめの運動でしょう。

ウォーキングは歩き方を工夫することで、効果を高めることができます。

ただ歩くだけでなく、歩き方を工夫してみましょう。

ダイエットや健康に効果的な歩き方は数多くありますが、今回は骨盤ウォーキングを紹介します。

骨盤ウォーキングは、ゆがんだ骨盤を整え、同時に正しい歩き方も身に付けられるウォーキング方法です。

骨盤は身体を支えている大事な部分なので、骨盤ウォーキングでゆがんだ骨盤を整えると健康に様々な良い効果をもたらすでしょう。

今回紹介する骨盤ウォーキングを使って、骨盤のゆがみを矯正しながらウォーキングを楽しんでください。

骨盤の重要性を理解しよう

骨盤は身体の基礎と言っても良い大事な部分です。

上半身と下半身を繋ぐ大事な役割を担っているのが、骨盤でしょう。

人間の身体は左右対称になっていますが、様々な生活の影響により身体全体が左右前後のどちらかに歪んでしまいます。

このゆがみは、実は骨盤のゆがみが影響しているのです。

身体の土台となっている骨盤がゆがむことで、身体全体もゆがんでしまいます。

骨盤がゆがむと歩き方も悪くなって、怪我の原因となってしまうでしょう。

さらに、骨盤のゆがみはむくみ、冷え性、生理不順、肩こり、腰痛などの様々な症状を引き起こします。

むきみや冷え性が気になっている方は、骨盤のゆがみをチェックしてみましょう。

骨盤のバランスが整っている方は、正面や横から見たときに姿勢が真っ直ぐになっています。

背骨だけでなく、関節や筋肉までバランスが取れた状態になっているので立ち姿も綺麗です。

骨盤を矯正することによって、スタイルも良くなるので女性にもおすすめでしょう。

骨盤は背骨にも繋がる大事な部分です。

骨盤の重要性を理解して、ゆがみを矯正する努力してください。

骨盤のゆがみをチェックする方法

骨盤の重要性が理解できたなら、次は骨盤がゆがんでいるかチェックしてみましょう。

骨盤のゆがみをチェックする方法は、真っ直ぐ歩けるかを試す方法があります。

しかし、目を開けていたら誰でも簡単に真っ直ぐ歩けてしまいますよね。

そこで、目を閉じて真っ直ぐ歩いてみてください。

目を閉じたまま歩くのは危険なので、室内で障害物や人がいない環境で行いましょう。

目を閉じたまま30歩程度歩いてみたときに、自分がどれだけ左右にズレているかで骨盤のゆがみを確認することができます。

右にズレていたら、骨盤は右にか歪んでいることになります。

逆に左にズレた場合は、骨盤が左に傾いている可能性が高いでしょう。

骨盤がゆがんでいないと自信を持っている方でも、案外ゆがんでいることがあります。

骨盤ウォーキングを始める前に、是非チェックしてみてください。

骨盤ウォーキングで得られる効果

骨盤ウォーキングでは、ゆがんだ骨盤を整えることができます。

また、骨盤を意識した骨盤ウォーキングでは、正しい歩き方を身に付けることができるでしょう。

さらに、骨盤周辺の筋肉の柔軟性を高めてくれるので、腰痛などの症状にも効果が期待できます。

骨盤ウォーキングは、膝への負担も軽くなるので、膝が痛まない歩き方としてもおすすめでしょう。

筋肉の柔軟性を高めることは、様々な怪我の予防にもなります。

骨盤ウォーキングを意識しながら、骨盤を整えればむくみや冷え性の改善にも役立つでしょう。

ウォーキングをしていて、最近疲れやすいと感じている方にもおすすめです。

骨盤ウォーキングを積極的に取り入れて、健康の維持に努めましょう。

骨盤ウォーキングの歩き方

それでは、ゆがんだ骨盤を整える骨盤ウォーキングのやり方を紹介します。

まずは、背筋をまっすぐ伸ばすことを意識して立ってください。

このとき、耳の穴、肩、足の付け根、くるぶしが一直線になるようにします。

歩くときは、膝から前に出すイメージで歩きます。

かかとから着地するときに、骨盤を前へ押し出すようにしてください。

踏み出した前足に、しっかりと骨盤を乗せるように意識しましょう。

踏み出すときも、常に背筋を真っ直ぐ意識するようにします。

踏み出した後は、逆側の足を膝から引き寄せるようにします。

引き寄せたら、同じように踏み出しましょう。

これが、骨盤のゆがみを整える骨盤ウォーキングのやり方です。

骨盤周辺の筋肉をゆるめながら、ゆがみを矯正できるので身体に様々な良い効果をもたらしてくれるでしょう。

背筋を伸ばしながら歩くことや骨盤を前へ押し出すことは、正しい歩き方の基本となります。

骨盤ウォーキングを練習して、正しい歩き方を身に付けてください。

スポンサーリンク

ストレッチで骨盤の筋肉を柔らかくする

骨盤ウォーキングと併せて行うと効果的なのが、骨盤周辺の筋肉を柔らかくするストレッチです。

骨盤に繋がるお尻や太ももの筋肉を入念にストレッチしましょう。

特にデスクワークなどでお尻の筋肉が硬くなってしまうと、骨盤のゆがみに繋がってしまいます。

お尻のストレッチは腰痛などの予防にもなるので、骨盤ウォーキングと一緒に行ってください。

いきなり骨盤ウォーキングを張り切り過ぎると、筋肉痛などの症状に悩まされてしまいます。

骨盤ウォーキングをする前や終わった後には、しっかりとストレッチして筋肉をほぐすようにしましょう。

ストレッチで筋肉の血行を良くすることで、筋肉痛の回復も早まります。

骨盤ウォーキングと併せて、おしりや太もものストレッチを行いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

人間の身体は左右対称になっていますが、生活の乱れで骨盤がゆがんでしまうことがあります。

骨盤がゆがんでしまうと、むくみ、冷え性、生理不順、肩こり、腰痛などの様々な症状を引き起こす原因になってしまうでしょう。

しかし、骨盤ウォーキングをすれば、骨盤のゆがみを整えることができます。

骨盤ウォーキングでは正しい歩き方も身に付くので、おすすめです。

骨盤ウォーキングをしながら、お尻や太ももの筋肉をストレッチすることで怪我などの予防にもなるでしょう。

特にウォーキングは、腰痛の原因になってしまうことがあります。

正しい歩き方を身に付けて、怪我をしないようにウォーキングを楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする